【手軽に味変?】エアロプレス専用ステンレスフィルターを使って自由にテイストデザインしよう

エアロプレスをペーパーフィルターでしか抽出したことがない人はまだその先に新たな味があることを知らない。その新たな味の創出を手助けしてくれるのがエアロプレス専用ステンレスフィルターだ。

 

ステンレスフィルターを使うことでペーパーフィルターにはない味わいを作り出すことができる。朝の通勤前、仕事終わり、休日の午後などシチュエーションに合わせた味わいや、自分の味の好みに合わせた抽出デザインをすることでエアロプレスの世界が今より何倍にも広がる

 

今回はそんな便利なエアロプレス専用ツールであるステンレスフィルターを紹介していきたい。

 

 この記事がおすすめな人

■ 味わいを自分好みにデザインしたい人
■ その日の気分やシチュエーションに合わせて気軽に味を変えたい人
■ エアロプレスに飽きてきた人

 

 

 

 

ステンレスフィルターといえばAble Brewing社

エアロプレス専用ステンレスフィルターは各社が販売しているが、僕のおすすめはAble Brewing社が販売している「COFFEE DISK FILTER」。

 

Able Brewing社は2009年にアメリカ・オレゴン州のポートランドで創業したコーヒー器具メーカー。エアロプレス専用金属フィルターと言えばまず一番名前に挙がるのがこのAble Brewing社のDisk Filter(ディスクフィルター)である。

 

完全USAメイドにこだわっており、その品質の高さから、日本のみならず世界中のエアロプレスユーザーに絶大な支持を受けている。

 

このディスクフィルターと同じく完全USAメイドにこだわった円錐型ステンレスドリッパー「「KONE(コーン)」も世界的に知名度が高い。

 

 

 

 

フィルターの種類は2種類

Able Brewing社が展開しているエアロプレス専用ステンレスフィルターは2種類。スタンダードと目の細かいファイン。このスタンダードとファインの2種類の間にはどのような違いがあるのかそれぞれ比較しながら特徴を見ていきたい。

 













スタンダードとファインの比較

厚さ

スタンダード(左)・ファイン(右)

まずは厚さから。写真で見るとほぼ違いは分からない。しかし持ってみると、スタンダードの方がやや厚く硬い作りになっており、ファインの方はやや薄く柔らかい作りとなっている。折り目が付くと使用できなくなるのでどちらも取り扱いには注意しよう。

 














穴の大きさ

スタンダード(表)
スタンダード(裏)

無数の穴が等間隔で空けられている。上の写真の表と裏をよく見ると分かるが、裏の方が表より穴がやや大きい。もし表も裏も同じ大きさの穴であれば、圧が掛かりすぎてしまい、プレスの際に必要以上の強い力が必要になってしまう。そのため入力する穴より出力する穴を大きくし、適度な圧力がかかるように設計されている。















ファイン(表)
ファイン(裏)

スタンダードの表と同じ大きさの穴がファインには空けられている。ファインは表と裏の穴の大きさに差はない。















穴の数

スタンダードとファインの穴の数を比較するとファインの方が圧倒的に多い。前述した通り、ファインの出口の穴はスタンダードのように大きくはなっていないが、穴の数が多いため圧力も適切に掛かりスムーズにプレスできるようになっている。どちらも大変良くできている。















味比較

最も気になるのは味の違いだろう。Able Brewing社が販売する2種類のステンレスフィルターの特徴が分かったところで次はフィルターによる味わいの比較をしたい。


レシピは以下のリンクで解説しているレシピで作成した。自分の好みの味に簡単にコントロールできるレシピで汎用性が高いのでぜひ一度試して頂きたい。



関連記事

今や不動の地位を築いたエアロプレス。レシピも様々で自由度が高い。しかし、「エアロプレス  淹れ方」で検索するとエアロプレスのレシピが山ほど出てきて、自分のお気に入りのコーヒーがどのレシピに適しているかがイマイチ分からない。   そこでチャン[…]
















ペーパーフィルターとステンレスフィルター(スタンダード)

まずはペーパーフィルターとスタンダードから。


ペーパーフィルターは微粉を吸着してくれるので、非常にクリーンな味わいに仕上がる。雑味がなくすっきり飲みやすい。浅煎りの綺麗なフルーツのような酸を持ったコーヒーをすっきりと抽出するのに向いている。エチオピアのウォッシュトとの相性は個人的に抜群だと思っている。ペーパーフィルターは僕なら朝の起き抜けの一杯に選ぶだろう。


ステンレスフィルター(スタンダード)はフレンチプレスの味わいにやや近い。なぜならコーヒーオイルを抽出でき、コーヒーの味わいをダイレクトに表現できるからだ。ジューシーな味わいのケニア・コロンビアの浅煎りと好相性。


またしっかりとしたボディや複雑な味わいのコーヒーになるので、コスタリカやグアテマラの中煎り、ブラジルなどのコクのあるコーヒーとの相性も良いと思われる。












 

スタンダードとファイン(細め)

次にスタンダードと目の細かいファイン。同じステンレスフィルターでもここまで違うのかというくらい出来上がりの味わいは大きく異なる。


スタンダードはフレンチプレスのようにコーヒーの個性をダイレクトに感じられ、コーヒーオイル由来のボディ感のあるコーヒーに仕上げる事ができるが、ファインはペーパーフィルターとステンレスフィルターの良いとこ取りのような味わいに仕上げる事ができる。


適度なコーヒーオイルが抽出され、スタンダードより微粉が少なく、飲んだ時の質感は滑らか。ペーパーフィルターで抽出したようなクリーンさもある。まさに良いとこ取り。個人的にファインで抽出したコーヒーが一番好みの味だった。













抽出時のTips

結構間違える人が多いのがフィルターの正しいセット。印字されているほうが上に来るようにセットしよう。















エアロプレス付属のパドルやカッピングスプーンなど使って攪拌作業を行う人は多い。僕も以前はカッピングスプーンを使用していたが、マドラースプーンが一番しっくりきている。


細く長いので小回りが利きやすく、際の部分までしっかり届き、しっかりとお湯とコーヒー粉をなじませる事ができる。ダマにもなりにくいのでおすすめ。


関連記事

元々コーヒー器具としては作られていないが「これコーヒー器具として使えるのではないか?」という商品が世の中には存在する。今回はそんな商品の一つ「マドラースプーン」を購入して使ってみた。   このマドラースプーンを使ってコーヒーを抽出すれば、V[…]

 

 

 

 

デルターコーヒープレスにもぴったり

今回紹介したAble Brewing社製のステンレスフィルターはエアロプレス専用として開発されたものだが、デルターコーヒープレスにもぴったりフィットする。デルターコーヒープレスもエアロプレス同様かなり面白い器具なので興味がある方は以下のリンクから新しい抽出の世界に出会って欲しい。

 

関連記事

高い再現性とクリーンなテイストに仕上げることができるのが特徴のデルターコーヒープレス(Delter Coffee Press)。プッシュの回数やプッシュの速さなどを変えることで様々な味わいを作り出せる自由度の高さも人気の理由の一つだが、毎日[…]


関連記事

「コーヒーの新しい抽出方法」と聞いて、その響きに心ときめかせるコーヒーラバーは少なくないだろう。   新しく、そしてユニークな抽出方法を実現できる抽出器具「デルターコーヒープレス(Delter Coffee Press)」が現在世界中で話題[…]

デルターコーヒープレスとは コーヒーリテラシー

 

 

最後に

同じコーヒー、同じレシピでもまったく別の表情を見せてくれ、気分やシチュエーションによって自分好みの味わいにテイストデザインすることができる今回紹介したAble Brewing社製のステンレスフィルター。洗って何度でも使え、経済的なのもGood。


まだペーパーフィルターしか使用したことがない人はぜひトライしてみてほしい。エアロプレスがもっと好きになるはず。