[ブックレビュー]コーヒー新時代の訪れを予感させる。「BRUTUS(ブルータス) おいしいコーヒーの教科書2019」

「2019年、コーヒーは新たなフェーズに移行する。」

スターバックスやタリーズコーヒーなどのいわゆるシアトル系コーヒーショップが台頭した90年代から2000年代。コーヒーは「楽しむ」ものではなく、眠気覚ましの特効薬、サードプレイスを確保するための手段として存在していた。

そしてその10数年後。サンフランシスコのブルーボトルコーヒーが日本に上陸した2015年を皮切りに日本のコーヒーカルチャーは一気に変動する。


第3次コーヒーブーム。サードウェーブの到来である。

農園、標高、生産処理方法などの生産履歴がしっかりとしたシングルオリジンのスペシャルティコーヒーをワインと同じような感覚で楽しもうという気運が高まってきたのである。

そして・・

そのサードウェーブのブームが徐々に落ち着きを見せ始めた今、2019年コーヒーは新たな時代迎えようとしている。

ホームブリュー

である。

もちろんコーヒーの自家焙煎店は昔から存在し、自宅でコーヒーを淹れるということは全くもって新しいことではない。それでは今と昔では何が変わってきているのか?

それはプロが淹れるような本格的な美味しいコーヒーを自宅で手軽に淹れて楽しむことができるという点だ。

ホームブリューのレベルが上がっている理由
スペシャルティコーヒーを焙煎・販売するコーヒーロースターが都内を中心に増えてきており、多くの人が高品質のコーヒーに容易にアクセスすることができるようになった。
インターネットの普及によりコーヒーの抽出レシピが世界中で共有されるようになった。
コーヒー器具が年々進化してきており、初心者でも美味しく淹れることができるようになった。

カフェではなく、コーヒーロースターやコーヒー豆にフォーカスした今回のBRUTUS(ブルータス)の新刊、「BRUTUS おいしいコーヒーの教科書2019」

新たなコーヒー時代の幕開けとともに、今年は新たな趣味としてあなたもコーヒーを始めて見てはどうだろうか。

フォースウェーブの到来を予感させるコーヒーカクテルに特化した著書も必見。

関連記事

コーヒーとアルコールを合わせた「コーヒーカクテル」についてここまで細かく書かれた専門的な本はこの本が初めてだろう。フルーティな味わいのスペシャルティコーヒーが世に浸透するに連れて、よりこのコーヒーカクテルの存在感が増してきたように感じる。日[…]

珈琲のおさけ コーヒーカクテルの本

スポンサーリンク