究極の一杯へのコンパス。「世界一美味しいコーヒーの淹れ方」があればあなたのコーヒーライフは劇的に変わる

プロのバリスタのようにどんな種類のコーヒーでも自由自在に自分好みの味わいに淹れる事ができたら毎日のコーヒーライフがどんなに楽しくなるだろうか。想像するだけでワクワクしてくるだろう。

 

そんな魔法のような方法が詰まった「悩めるコーヒーラバーにとってのコンパス」になり得るような素晴らしい本を今回は紹介したい。

 






この本の特徴

 著書「世界一美味しいコーヒーの淹れ方」は今までありそうで無かった本であり誰もが欲しかった本だ。

 

「ブリューレシオ(コーヒー豆と湯の比率)は〇〇で」

「挽き目は〇〇で」

「抽出時間は〇〇で淹れてください。」

 

と正確な抽出レシピが書かれた本は多くある。それを鵜呑みにして試してみても美味しくならなかったという経験は誰しもあるのではないだろうか。

 

その理由はコーヒー豆にも産地や品種の違い、そして焙煎度合いとそれぞれに個性があるからだ。それぞれのコーヒー豆のキャラクターに合わせて粒度や湯温などの数あるパラメータをアジャストしながら豆のポテンシャルを最大限まで引き出していく必要がある。

 

ただそれだけではあなたにとっての美味しいコーヒーにはならない。そこからさらに自分の好みの味わいや濃度感に辿り着くために微調整を行っていく。

 

そうすることでそのコーヒーのポテンシャルを最大限まで引き出しながらも自分好みの味わいを作る事ができ、この本が伝えたい「あなたにとって世界一美味しいコーヒー」に到達するのだ。

 

この本はただのコーヒーレシピ本ではない。再現性のある抽出をロジカルに解説したコンパス。言わば「魚をくれるのではなく、魚の釣り方を教えてくれる」という言葉がぴったりの本なのだ。










著者はバリスタ世界王者

「世界一美味しいコーヒーの淹れ方」の著者はアジア人初ワールドバリスタチャンピオンシップ2014王者、井崎英典氏。

 

「コーヒーで世界平和」を目標に掲げる世界屈指のコーヒーエバンジェリストであり、マクドナルドなどをはじめとした多くの企業のコンサルも務める。また類まれなる存在感から世界中でも多くのファンを持つ。そんな井崎氏が満を辞して世に放ったのが今回の著書。

 

競技会を通しての苦労や経験、また世界のトップバリスタやコーヒー界のオピニオンリーダー達、そして多くの農園主たちとの交流。そういった普通のコーヒーショップで働くバリスタでは決して経験する事ができない膨大な知識と経験から導き出された「ドリップコーヒー抽出の最適解」がこの本に集約されている。

 

それを1,500円ほどで手に入れる事ができると思うと1,500〜3,000円で各地で開催されているワークショップやセミナーが何だか高く感じてしまうほどだ。










どんな事が学べる?

美味しいコーヒーを淹れるための情報が包括的に学べる。この一冊さえ手元にあれば十分ではないかと思えるほど網羅されている。

 

産地、品種、生産処理方法、焙煎度合いによる味の違い、コーヒー豆の保存方法、水、器具の選び方など、初めて聞く人には少し難しい部分もあるかもしれないが、この本に書かれていることをきちんとマスターできれば必ずあなたにとっての美味しい一杯が見つかる

 

コーヒーをこれから始める人だけでなく、バリスタとして働く人にとっても多くの学びがあるので幅広い層におすすめしたい。










この本がおすすめな人

この本をぜひオススメしたい人

■ 自分好みのコーヒーを淹れたい人
■ バリスタとして更なる高みを目指したい人
■ トップバリスタの考えていることを理解したい人
■ コーヒーの抽出をなんとなくではなくロジカルに理解したい人
■ より深くコーヒーを理解したい人
■ 美味しいコーヒーで家族や友人、大切な人の喜ぶ顔が見たい人










最後に

それぞれのコーヒー豆の特性を理解し、そのコーヒーの良さを引き出しつつも、自分好みの味わいに仕上げる技術を学べる唯一無二の永久保存バイブル

 

コーヒーは究極の嗜好品であるからこそ誰かにとっての美味しい、ではなく自分にとっての美味しいコーヒーが何より大切。

 

ぜひ今日からあなたも究極の一杯を淹れてみてはどうだろうか。