世界の美しいカフェを1冊の中に。「カフェの空間学 〜世界のデザイン手法〜」

自分のお気に入りのカフェや気になっている海外のカフェの空間がどういう意図でデザインされたのか興味が湧いたことはないだろうか?多くの人から支持をされ、永く続いているカフェにはそこに明確な理由がある。

今回紹介する「カフェの空間学」はバリスタやドリンクメニューの紹介は一切無く、建築にフォーカスしている。著者がオーナーや各カフェの設計士へのインタビューから分かったことに著者なりの解釈を加え、それぞれのカフェがどのような意図で個性を構築していったのかを綴っておりとても興味深い。


著者は「Dandelion Chocolate」などを設計したグローバルに活躍する空間デザイナー、加藤匡毅氏。カフェ巡り愛好者、カフェ開業予定者、建築デザイナー必携の書だ。

 






美しい写真とスケッチで綴るカフェの記録

著者自身が設計者として関わったものを含めて国内外39件の個性的なカフェを実際の足で巡りその体験と共に、「空間」という建築的側面からスケッチと美しい写真を交えて丁寧に読み解いている。専門的な言葉もそれほど多くないので、カフェ巡礼記としても楽しめる。












全ての建築デザインには意味がある

「なぜこの空間に一歩足を踏み入れると心が不思議と穏やかになるのか?」

 

「なぜこのカフェの目の前を通ったら入らずにはいられなくなるのか?」

 

「なぜこのカフェではバリスタとの会話が弾んでしまうのか?」

 

誰もが気になるカフェが気になるのにはきちんとした理由があるのだということがこの本を読んでいて良く分かる。ゲストに体験してもらいたいことを逆算してデザインされた空間というのは写真を見るだけでその尊さが伝わってくる。














最後に

「カフェの空間学」といってもスケッチや美しい写真を中心にテンポよく約40件の国内外のカフェが紹介されているので、設計者や建築の専門家でなくてもとても読みやすい。

 

カフェが好きな人は、カフェという空間をまた違った視点で見ることができ、この本を読むことでよりカフェ巡りを楽しむことができるようになるだろう。

 

また今後自分のカフェを持ちたいという夢がある人にとっては世界の名だたるカフェを一冊で知ることができきっと自分のお店作りのヒントになるはず。ぜひ一度読んでほしい一冊だ。