もっとコーヒーを深掘りしたいあなたに。バリスタ必読の書「The Professional Barista’s Handbook」

バリスタの仕事をしていると多くの「なぜ?」が頭の中に生まれてくる。

 

「なぜ今回淹れたコーヒーは美味しくなかったんだろう?」

「なぜ今回のエスプレッソは渋かったんだろう?」

 

原因が分かれば改善できるのにその原因が分からないため、途方に暮れてしまう。そんな経験をしたことがあるバリスタは多いと思う。

 

そんな時、頼りにしたいバリスタ必携の名著がある。

あまり他の人に教えたくないほど素晴らしい本なので紹介するか迷いに迷ったが、日本のバリスタの全体的なレベルが高くなり、多くの消費者が今よりもっと美味しいコーヒーを日常的に飲める日が来ることを祈って、ちっぽけなケチな気持ちは捨てて思い切って紹介することに決めた。

 

スポンサーリンク

コーヒー界の巨匠による名著

僕もバリスタ始めたての頃に食い入るように読んだ本。

 

The Professional Barista’s Handbook

 

著者は、コーヒー界のオピニオンリーダーとして君臨し、今もなお世界中のバリスタやコーヒーマンに影響を与え続けているScott Rao氏(スコットラオ)。

日本ではブラックボックス化されている焙煎理論を、勘に頼らないロジカルな方法で解き明かした「The Coffee Roaster’s Companion」も有名。こちらの本にも相当お世話になっている。

 

関連記事

まさに良書。良書と言わざるを得ないほど焙煎に関する本の中で圧倒的に論理的に焙煎のことが書かれている。焙煎がまだまだの私にとって最高の焙煎の教科書である。 著者は世界のコーヒー業界のオピニオンリーダーとして知られるScott Rao(スコット[…]




どんな事が学べる?

前半ではコーヒーの抽出で最も難しいと言われているエスプレッソについてを基礎から応用まで。エスプレッソ抽出プロセスにおけるドーシングやタンピングの正しいやり方、タップの必要性、エスプレッソの調整方法、ミルクの注ぎ方による味の違い。後半ではドリップコーヒーや水の科学なども掲載されている。

コーヒー抽出を勘ではなく全てロジカルに学ぶ事ができる唯一の本ではないだろうか。

 

 

この本のデメリット

デメリットの一つは英語の本であること。やはり読むスピードがゆっくりになってしまう。ただゆっくりになってしまうのが逆に僕にとってはメリットだった。


分からない言葉は一度止まって辞書を引きながら読むので難しい内容の部分も読み飛ばさずにゆっくりじっくり理解する事ができた。

 

もう一つは書いてある内容のレベルがやや高い事。ある程度経験を重ねたバリスタにとっては非常に有益な情報が多い。ただバリスタを始めたばかりの人にとっては少し理解するのが難しいかもしれない。



 

この本がおすすめな人

プロフェッショナルバリスタとして知識と技術をより高め、トップバリスタに少しでも近づきたいと思っている人には絶対におすすめの著書。きちんと隅から隅まで読み、内容を理解すればバリスタとしてかなり自信がつくことは間違いない。機会があれば騙されたと思って一度手に取って読んでみてほしい。

 

 この本をぜひオススメしたい人

■ 独学になってしまっている人
■ バリスタとして更なる高みを目指したい人
■ トップバリスタの考えていることを理解したい人
■ コーヒーの抽出をなんとなくではなくロジカルに理解したい人
■ より深くコーヒーやエスプレッソを理解したい人
■ 今よりもっと美味しいコーヒーやエスプレッソを抽出できるようになってお客さんの喜ぶ顔が見たい人

 

 

スポンサーリンク