【エアロプレスの淹れ方】味わいを自由自在に操る魔法のレシピ(浅煎り〜深煎り)

今や不動の地位を築いたエアロプレス。レシピも様々で自由度が高い。しかし、「エアロプレス  淹れ方」で検索するとエアロプレスのレシピが山ほど出てきて、自分のお気に入りのコーヒーがどのレシピに適しているかがイマイチ分からない

 

そこでチャンピオンと同じレシピであれば美味しくなるだろうと思って真似してみたが、どうも違う。それもそのはず。コーヒーの種類が違えば、挽き目や湯温など微妙にレシピを変える必要があるからだ。

 

しかし今回紹介するレシピは、どのコーヒー豆を使用した場合でも簡単にシンプルに自分の好みのテイストに仕上げることができる。海外のトップバリスタが採用しているレシピを少しだけアレンジした。

 

それでは簡単に自分好みの味に仕上げることができる魔法のレシピを見ていこう。

 



 

実際に抽出しよう

基本レシピ

コーヒー豆 20g
湯量 120ml
湯温 浅煎り   90〜93℃
  中煎り   87〜91℃
  深煎り   86〜88℃
攪拌回数 優しく10回
プレス時間 30秒(空気が抜ける音がしたら抽出終了)
加水 70ml〜90mlの間でお好みで調節

 

コーヒー豆や焙煎度によってレシピを変えすぎると小難しくなってしまうのでお湯の温度以外は固定。

 

 










ペーパーフィルターをリンス

ペーパー臭を除去するためにお湯でペーパーフィルターをリンス(湯通し)する。またリンスをすることでキャップにペーパーフィルターを密着させる目的もある。忘れずにやろう。

 














エアロプレスをセット


チャンバー下部にキャップを装着。












 

エアロプレスの上にじょうごを置き、割れにくい強度の高いサーバーの上にセット。一番下にはお湯の量を計れるスケールを置こう。

 

 口が薄いサーバーの上でプレスすると割れるリスクがあるので注意が必要。一番のおすすめは絶対に割れる事がないステンレスのピッチャー。

 

 

 















コーヒー豆の用意

今回は中浅煎りのコーヒー豆を20g使用する。品種はゲイシャ、生産処理方法はフリーウォッシュト(水洗式)。飲んだ瞬間のキラりととした鮮やかな酸が特徴。















メッシュ(挽き目)は細挽き

短時間での抽出になるので収率をあげるため細挽きにする。ハンドドリップ とエスプレッソの間くらいのメッシュ(挽き目)。コマンダンテ では16クリックあたりを使用すると良い。




関連記事

手挽きコーヒーミルは国内・国外にて様々なモデルが開発・販売されている。   ■ ポーレックス(Porlex)■ Zpro(ジープロ)■ Timemore(タイムモア)■ Kinu(キヌ) M47   など高品質なモデルが各社で続々と発表され[…]

 














 

コーヒー豆をセット

挽いたコーヒー豆をエアロプレス内に投入する。投入したらこの後の工程はノンストップ。

 












 

お湯を注ぐ

今回は中浅煎りなので90〜93℃くらいのお湯が良い。お湯の量は120g。偏りなく粉にお湯が掛かるように注ぐのがポイント。

今回は湯温をピンポイントで設定できるBrewista(ブリューウィスタ)の温度調節ケトルを使用している。温度調節ケトルはあらゆるコーヒー抽出の際に重宝するのでおすすめだ。




 
関連記事

世界中のトップバリスタの多くが使用している事で注目を浴び、今や電気ケトルNo1の呼び声が高いBrewistaのケトル。   湯温を測るのに温度計を使うのがいつも煩わしく感じていたのと、Brewista製品がずっと欲しかったので購入してみた。[…]
















10回優しく攪拌

お湯を注ぎ終わったらすぐに10回優しく攪拌をする。1秒1回の速度でゆっくり10回まわすように撹拌を行うことで短時間の抽出でもしっかりと味を引き出すことができる。

もし出来上がりのコーヒーが少し薄いようであればこの攪拌回数を変えるのもあり。求める味わいによって調整してみてほしい。

攪拌する時のツールは細く小回りの利きやすいブリュースティックが最近の僕のお気に入り。際の部分まで届くのでしっかりと湯と粉を馴染ませやすい。


関連記事

元々コーヒー器具としては作られていないが「これコーヒー器具として使えるのではないか?」という商品が世の中には存在する。今回はそんな商品の一つ「マドラースプーン」を購入して使ってみた。   このマドラースプーンを使ってコーヒーを抽出すれば、V[…]

 

















30秒間掛けてプレス

30秒間かけてゆっくりと垂直に押し下げていく。ゆっくり押すことでコーヒーの持つ甘さをしっかりと引き出す事ができる。プシューっと空気が抜ける音がしたらストップの合図。上から圧をかける際のコツとして手の平の中央部分で押すとプレスが安定する。















抽出量を計る

しっかりの濃度の濃いコーヒーが完成。焙煎度合いによっても変わってくるが、大体抽出液量は80g〜90gの量で収まるはず。















 

70〜90mlのお湯で薄める

70ml〜90mlの間で好みに合わせて加水量を調整。濃度やボディ感があるコーヒーにしたい場合は加水を少なめに。スッキリした味わいやフレーバーを楽しみたい場合は多めに加水すると良い。味を見ながら好みの味わいに近づけると良い。

 













 

加水後は濃度を均一にするためにスプーンで軽くかき混ぜるのがポイント。















最後に

慣れてしまえば非常に簡単でスピーディに自分好みの味わいのコーヒーを作ることができる。また今回紹介したコーヒーの味わいの特徴としては、甘く、そしてクリーンな印象に仕上がる。

 

 

甘くクリーンなコーヒーになる理由とは?
その理由はコーヒーの美味しい成分のみを抽出しているから。
抽出の後半に出てくる渋さと苦さを短時間抽出によってカットし、またあえて濃く抽出することでお湯を加えるスペースを空けてあるイメージ。

 

 

 

つまり今回の方法はお湯を加えることで初めて完成するレシピになっており、適正範囲内の加水であれば薄いコーヒーになることはない。このやり方を採用しているカフェも多く、海外のサイトや動画でもよく見かけるやり方であり主流になりつつある。

とても簡単で味わいを自分好みに調整できるとてもおすすめな方法なので、ぜひあなたも新鮮なコーヒー豆を使って美味しいコーヒーを淹れてみてほしい。

 

 









番外編  エアロプレスをさらに楽しむ3つの方法

1. 専用アタッチメント Prismo

エアロプレス専用アタッチメント「Prismo」を使えばエアロプレスをさらに楽しむことができる。エスプレッソのような濃厚なコーヒーを抽出でき、エスプレッソマシンなしで本格的なカフェラテを自宅で手軽に楽しむ事ができるのでかなりおすすめ。またPrismoを使えばエアロプレスを反転させるインバート式も安全に且つ簡単に行うことができる。

 

 

 

関連記事

ずっと前々から気になっていたコーヒー器具があったのでFELLOW公式HPから海外通販で購入して実際に使ってみた。単刀直入に言うと中々すごい。   プロも惚れ込む高い機能性のみならず使っていて楽しくなるようなスタイリッシュなコーヒー器[…]


関連記事

バリスタやコーヒーラバーの間ではよく知られたエアロプレスの抽出方法の一つ「インバート式(逆さ式/反転式)」のやり方について、今回はシンプルな写真を使って簡潔に説明したい。   これから初めてインバート式に挑戦する方や、やった事はあるけどいま[…]


関連記事

「ホットカフェラテを自宅で作りたいけど、高額な家庭用エスプレッソマシンをわざわざ購入するくらいだったらお店で飲もうかな・・・。」   僕のコーヒー好きの友人や知り合いでこんな風に言っている人は意外と多い。何とかできないかな?と思い海外のサイ[…]


















2. 専用ステンレスフィルター

エアロプレス抽出の魅力はペーパーフィルターだけではない。ステンレスフィルターを使用することでペーパーフィルター抽出には出す事ができない味わいを作り出す事ができテイストデザインの幅が増える。

ステンレスフィルターで最も有名なブランドはアメリカ・ポートランドのAble Brewing社製の「DISK FILTER」。洗って何度でも使用する事ができるのでペーパーフィルターより経済的なのもGood。

関連記事

エアロプレスをペーパーフィルターでしか抽出したことがない人はまだその先に新たな味があることを知らない。その新たな味の創出を手助けしてくれるのがエアロプレス専用ステンレスフィルターだ。   ステンレスフィルターを使うことでペーパーフィ[…]

 

















3. 楽しみ方は他にもいろいろ

エアロプレスで濃厚なコーヒーを抽出し絶品の自家製アフォガードを作ってみたり、コールドブリューやアレンジドリンクなども作る事ができる。以下のリンクを参考にしてぜひ一度作ってみて欲しい。家族や友人に作ってあげたらきっと喜んでくれるはず。

 

関連記事

「お店のアフォガードより美味しいアフォガードを自宅で作りたい!でもエスプレッソマシンがないから無理か・・。」アフォガードはエスプレッソがないと作る事ができない。ただ、エスプレッソ風のコーヒーを抽出する事ができるエアロプレスを使えば自宅でも簡[…]


関連記事

夏はもちろん、どの季節でも飲みたくなるコールドブリューコーヒー(水出しコーヒー)。ホットコーヒーに氷を入れて急冷するアイスコーヒーと比べて、渋さや苦さが抑えられたまろやかな味わいがコールドブリューの特徴。 ただ完成までに6〜24時間と長い時[…]


関連記事

コールドブリュー(水出しコーヒー)やエスプレッソをトニックウォーターで割る、いわゆる「コールドブリュートニック」や「エスプレッソトニック」がコーヒーアレンジドリンクの定番になりつつある。コーヒーの持つフレーバーとトニックウォーターの持つ心地[…]
















レシピのおさらい

 

コーヒー豆 20g
挽き目 細挽き
湯量 120g 
湯温 約93度
差し湯 70〜90ml
撹拌 10回
プレス時間 30秒