「コーヒーで幸せに」をコンセプトに贈る、次世代コーヒーメディア COFFEE LITERACY(コーヒーリテラシー)

プロのバリスタがAeropress(エアロプレス)の淹れ方を”超”詳しく解説。初心者必読!

あなたはハンドドリップでコーヒーを淹れた事があるだろうか。

ハンドドリップでコーヒーを抽出するのは確かに楽しい。

朝いつもより少し早く起きて、お湯を沸かし、コーヒー豆をその場で挽き、コーヒーの良い香りを嗅ぎながらコーヒーを淹れる時間は至福である。

しかしその反面とても難しい。

何回に分けてお湯をかけるのか、どのタイミングで2投目に入るのか、どのようにお湯をかけるのか、トータルでどのくらいの量のお湯をかけるのかなど気にしているうちに、注湯スピードや注湯量がブレてくるのである。

そのブレが致命的である。味にダイレクトに影響してしまう。

つまり初心者の場合、ドリップ式で毎回同じ味のコーヒーに仕上げるのは至難の技なのである。

そこで今回はレシピさえしっかり守れば安定して同じ味のコーヒーを誰でも簡単に美味しく淹れる事ができるエアロプレスの使い方、そしてコーヒーの抽出方法をご紹介しよう。

 

エアロプレス コーヒーメーカー

amazonで見る

 

エアロプレスにも様々な抽出のレシピがある

photo by Medium

ドリップ式に比べるとシンプル且つ簡単で、安定したコーヒー抽出が可能であるエアロプレス 。

実はエアロプレスの世界大会が行われるほど人気があるコーヒー器具である。 

以前、世界チャンピオンのレシピを再現してみたが、競技で勝つためのレシピなので非常に複雑な方法であったり、またある競技者は一杯のコーヒーに70gものコーヒー豆を使用したりと、究極の一杯を目指すならそれでも良いが、毎日自宅で淹れるには非現実的であるという事が分かった。

また更に、競技者はある指定された大会用のコーヒー豆を渡され、そのコーヒーが一番美味しくなるように様々なアプローチでコーヒーを淹れるため、どの種類のコーヒーを使用してもそのレシピが当てはまるということではないのだ。

そこで今回はどの種類のコーヒーを使用しても美味しいコーヒーが作れる、汎用性の高いエアロプレスのレシピを紹介したいと思う。


<今回のポイント>
どのコーヒーでも美味しく作れる!
出来上がりが早い!
 

準備するもの

エアロプレス コーヒーメーカー
ミルクピッチャーなどの安定したサーバー
<今回使用している品>
ラトルウェア RWラテアートミルクピッチャー20oz (600cc)
ケトルと温度計
<今回使用している品>
竹井器物製作所 フィーノ コーヒードリップポット 1.2L
タニタ 温度計 料理 グリーン TT-533 GR スティック温度計

コーヒーミル
<今回使用している品>
Kalita ナイスカットミル (シルバー)
コーヒー用スケール
<今回使用している品>
HARIO (ハリオ) V60 ドリップ スケール VST-2000B
コーヒー豆20g
<今回使用している品>
エチオピア ナチュラルプロセス
スペシャルティグレード
焙煎5日後
Roasted by Glitch Coffee & Roasters

コーヒーの抽出に入る前に

下準備① ペーパーフィルターのセット

①キャップを用意

②専用フィルターを装着

③お湯を掛ける
<ペーパーにお湯を通す理由は以下の2つ>
①ペーパー臭を取り除くため
②コーヒー抽出時にお湯を吸って掛ける湯量がブレないように

下準備② エアロプレスの組み立て

①チャンバーを用意する

②チャンバー下部にキャップをはめる

③ピッチャーの上に乗せる

下準備③ 湯を温める

93度まで温める

 

コーヒー抽出において湯温の測定は極めて重要だが、もし温度計がなければケトルの蓋を取り2分程待てば最適な温度である93度になる。
そのあとまた蓋を閉めれば問題はない。

実際に抽出してみよう

コーヒー豆 20g
挽き目 細挽き
湯量 110g 
湯温 約93度
差し湯 抽出されたコーヒーと同量
撹拌 5回
抽出時間 30秒

Step1 コーヒーを挽く

ナイスカットミル1番 細びき

細挽き

使用するのはGlitch Coffee & Roastersのエチオピア ナチュラルプロセスのコーヒー。今回はナイスカットミル1番、「細挽き」にして使用する。

 
ナイスカットミルを持っていなくても、写真の粒度と同じくらいの挽き目であればどのミルでもOKだよ

Step2 挽いたコーヒー粉をチャンバーへ投入

付属のじょうごを使えばテーブルが汚れる心配がない。

コーヒー粉投入後はじょうごは必要ないので、外しておこう。

Step3 110gの湯を注ぐ

Aeropress エアロプレス 誰でも簡単に美味しいコーヒーを淹れる方法

ハリオドリップスケールで重さを見ながらお湯を110g注いでいく。
躊躇はいらない。勢いよく110g注ぐのがポイントだ。

Step4 パドルで5回攪拌

コーヒーと同量の湯を加える

1秒1回の速度でゆっくり5回まわすように撹拌を行うことで短時間の抽出でもしっかりと味を引き出すことができる。

Step5 プランジャーを30秒間かけて押す

プランジャーのスタート位置

プランジャーが真っ直ぐの状態がスタートポジションだ。

両手の手の平で押す

スケールのタイマーをオンにして、30秒間かけてゆっくりと押し下げていく。
ゆっくり押すことでコーヒーの持つ甘さを引き出す事ができる

プシューという音がしたらストップの合図だ。最後まで押し切る必要はない。

プランジャーを押し込む際はスケールを必ず外してから押す事。
スケールの故障の原因となる。

 
上から圧をかける際に少しばかり力が必要となるので、両手の平部分で押すと安定するよ。

Step6 できたコーヒーに同量のお湯を加える

カップをスケールに置く
Aeropress エアロプレス 誰でも簡単に美味しいコーヒーを淹れる方法
抽出したコーヒーを注ぐ
Aeropress エアロプレス 誰でも簡単に美味しいコーヒーを淹れる方法
抽出量は80〜100gになる
Aeropress エアロプレス 誰でも簡単に美味しいコーヒーを淹れる方法
コーヒーと同量の湯を加える
Aeropress エアロプレス 誰でも簡単に美味しいコーヒーを淹れる方法
完成

使用するコーヒーにもよるが、抽出量は上の写真のように約80g〜100gの間に収まる。その同量のお湯を注ぎ完成だ。

コーヒーと同量の湯を加える

<更に美味しくするコツ>

①お湯を注いだ後はスプーンでコーヒーを撹拌をしてきちんと液体をMIXしよう。
②コーヒーが濃ければ少しだけ差し湯をして調整しよう。

完成

コーヒーと同量の湯を加える

エアロプレスで抽出したコーヒーは液体が若干濁っているがこれはコーヒーオイルが一緒に抽出された証拠だ。

このコーヒーオイルがあることでペーパードリップ式では出せない、

ジューシーで且つボディがあるコーヒーに仕上がる。

今回使用したエチオピア ナチュラルのコーヒーの持つフルーティさと甘さをしっかりと引き出し、且つクリーンな印象のコーヒーに仕上げることができた。

(番外編)エアロプレスの洗浄方法

コーヒーと同量の湯を加える

片付け方法は非常に簡単だ。
抽出後にキャップを取りプランジャーを押し切れば出がらしが「ポンッ」と取れる。ゴミ箱にそのまま向けて捨ててしまえば良いだろう。

本体はささっと水洗いで十分。

片付けが楽なのは毎日使う器具として最重要ポイントの一つになる。

最後に

コーヒーと同量の湯を加える

初めてであれば少し複雑に見えるかもしれないが、慣れてしまえば非常に簡単で美味しいコーヒーを淹れることができるエアロプレスを使った抽出方法を今回
ご紹介した。

この方法でコーヒーを作れば甘く、そしてクリーンな印象のコーヒーを淹れることができる。


その理由は?
その理由はコーヒーの美味しい成分のみを抽出しているからだ。
抽出の後半に出てくる渋さと苦さを短時間抽出によってカットし、またあえて濃く抽出することでお湯を加えるスペースを空けてあるイメージだ。

つまり今回の方法はお湯を加えても薄くはならず、お湯を加えることで初めて完成する方法なのである。

今回はドリップ式で淹れた時に近いコーヒーの淹れ方を紹介したがエアロプレスの面白いところはエスプレッソのような濃いコーヒーを抽出することも可能であるという点だ。エアロプレスは一台で様々な味わいのコーヒーを作ることができる電気を使わない優れたコーヒー器具なのだ。

ぜひあなたも新鮮なコーヒー豆を購入して、エアロプレスを使った様々なコーヒー抽出を楽しんで頂けたら幸いである。

エアロプレス コーヒーメーカー

Aeropress エアロプレス 誰でも簡単に美味しいコーヒーを淹れる方法
フォローしてね (^o^)/
>「コーヒーで幸せに」

「コーヒーで幸せに」

「コーヒーで幸せに」をコンセプトにコーヒーの楽しさや多様性などをより多くの日本人の方々に発信していきたいという想いでこちらのメディアを開設しました。

突然ですが皆様はこの事をご存知でしょうか?

“美味しいコーヒーが日常的に飲まれている都市は、幸福度が高い”

と言われています。
私自身の経験からも、コーヒーのあるライフスタイルは毎日の生活に少しの潤いを与えてくれるものだと感じています。

「コーヒーを通して、今よりほんの少しでも皆様に幸せになってもらえたら。」
コーヒーを淹れる方、コーヒーを飲む方にとって少しでもお役に立てるような情報を発信できるよう誠意を持って運営させて頂きたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。