【完全保存版】エアロプレス インバート式のやり方はこの一択以外に考えられないかも・・(浅煎り〜深煎り)

バリスタやコーヒーラバーの間ではよく知られたエアロプレスの抽出方法の一つ「インバート式(逆さ式・反転式)」のやり方について、今回はシンプルな写真を使って簡潔に説明したい。これから初めてインバート式に挑戦する方や、やった事はあるけどいまいちインバート式で上手く抽出できないという方におすすめの記事となっている。


ちなみに今回ご紹介する方法は海外のトップバリスタが使用しているやり方を少し変化させ、汎用性の高いやり方にアレンジしたものとなっている。どんなコーヒー豆を使用しても好みの味わいにする事ができる。それではまずはインバート式とはどのような方法なのか以下で簡単に説明したい。


【今回の記事はこんな方におすすめ】

√ インバート式をやってみたい!

√ エアロプレスで美味しいコーヒーがなかなか作れない・・。
 

 
 
スポンサーリンク

インバート式の解説

インバート式(=インヴァート式)とは?

エアロプレスには大きく分けて以下の2パターンの抽出方法があるのはご存知でしょうか。 


・スタンダード式 (標準)
・インバート式 (逆さ)



通常通り抽出を行うスタンダード式の他にインバート式と言ってエアロプレスを逆さまにして抽出を行う方法がある。今回はそのインバート式のやり方を解説するのだが、なぜこのインバート式が、スタンダート式と同じくらい多くの人から支持を得られているのか?それには大きく2つのメリットがあるから。




インバート式のメリット

インバート式のメリットは大きく以下の2つ。


再現性が高い
■ しっかりとした味のコーヒーを抽出する事ができる



再現性が高い」という事は、コーヒーを淹れる度に味が大きく変わってしまうという事が少なく安定しているという事。そしてしっかりとしたコーヒーを抽出する事ができるという利点もあり、今回のご紹介するやり方はそのインバート式の利点を存分に活かしたやり方となっている。

 

【逆にスタンダード式は再現性が低い?】

スタンダード式はインバート式と違い、コーヒー粉にお湯を注いだ瞬間から液体がポタポタと落ちていく。そのため抽出のコントロールが難しく、インバート式に比べ味の再現性が低いと言われている。

 



実際に抽出してみよう!

基本レシピ

 

コーヒー豆 20g
湯量 120ml
湯温 浅煎り   90〜93℃
  中煎り  87〜91℃
  深煎り  86〜88℃
攪拌回数 優しく10回
プレス時間 30秒
加水 60ml〜90mlの間でお好みで調節

コーヒー豆や焙煎度によってレシピを変えすぎると小難しくなってしまうのでお湯の温度以外は固定。




1. エアロプレスをセット

フィルターキャップをまず用意
お湯でリンス(湯通し)をする
両手ではめ込む
2cm程度はめればOK
この状態でセット完了

まずはペーパーフィルターにお湯を通そう。これには二つの理由があり、一つはペーパー臭さを取ることもう一つはフィルターキャップにペーパーを密着させる事。乾いたままのペーパーフィルターをセットしてしまうとペーパーがズレてしまうので忘れずにお湯通しはしよう。


またプランジャーとチャンバーをセットする時は2cmくらいはめればOK。はめすぎるとお湯が入るスペースが無くなってしまうため。



2. コーヒー豆を細挽きに挽く

細挽きに挽く
粉をセットする

短時間で抽出するので細挽きが良い。細挽きでクイックに濃いコーヒーを抽出するようなイメージ。中挽き以上だとしっかりとコーヒーの成分が引き出せないので注意。



3. お湯を注ぐ

お湯を注ぐ

インバート式はお湯のスピードを気にせずに注げるところが良い。スタンダード式だとお湯のスピードを速くすればするほど下にお湯が抜けるスピードが速くなってしまうので、この点に関してはインバート式は優れていると言える。



4. 優しく10回攪拌をする

優しく10回攪拌
フィルターキャップをセット

付属のパドルで攪拌しても良いが、きちんと混ぜるならカッピングスプーンなどを使って下から救い上げるようにしてかき混ぜるとしっかりと混ざる。混ぜるときのポイントはあくまで優しく。強くかき混ぜすぎると渋さが目立ったコーヒーになってしまうので要注意。



5. 30秒間かけてプレス開始

カップを乗せて
一気にひっくり返す
30秒ほどかけてプレス
濃いコーヒーが完成

プレスはゆっくり30秒間かけて抽出。押し切る手前で「プシュー」と音がするのでそれがストップの合図。うまく抽出できればしっかりとした味のコーヒーのベースが出来上がるはずだ。


ひっくり返す時が一番の修羅場。エアロプレスとカップをしっかりとくっつけ、勢いよくひっくり返そう。ぶちまけないように注意。


6. お湯で薄めて完成

まずはコーヒーの量を計る
お湯を足す
60〜90mlの間で調節
よくかき混ぜて完成

濃く抽出されたコーヒーの量はグラムにして約90g前後。これをお湯で薄めて完成となる。加水する量はお好みに合わせて60〜90mlの間で味を見ながら調整していく。ボディやトロリとしたマウスフィール(触感)を楽しむならお湯少なめすっきりとした味わいやフレーバーを楽しみたいなら多め、と言った具合に調整すると良いだろう。



最後に

毎日コーヒーを淹れて楽しむのであれば、小難しいレシピや抽出メソッドよりも「誰でもできて簡単でシンプル」そして「常に安定した味にする」事が大切になってくる。


チャンピオンと同じレシピや有名店が推奨するレシピでやっても美味しくならないのは、使うコーヒー豆とレシピが単純にマッチしていないから。


そうではなく、どんな豆でも美味しくなるような汎用性のあるレシピというものが今回のご紹介した方法。ホームランはもしかしたら出せないかもしれないが常にヒットを出す事ができる方法なのでぜひ今後抽出方法の一つとして活用していただきたい。



関連記事

今や不動の地位を築いたエアロプレス。レシピも様々で自由度が高い。しかし、「エアロプレス  淹れ方」で検索するとエアロプレスのレシピが山ほど出てきて、自分のお気に入りのコーヒーがどのレシピに適しているかがイマイチ分からない。 そこでチャンピオ[…]

スポンサーリンク