【お役立ち】デルターコーヒープレス(Delter Coffee Press)で2杯分のコーヒーを作る方法

コーヒー大国・オーストラリアで誕生した新しい抽出器具「Delter Coffee Press(デルターコーヒープレス)」。この器具を半年前にゲットして以来、今やこのデルターの虜である。


高い再現性とクリアな味を作れるところが大のお気に入り。世界と比べると日本における認知度はまだまだ低いものの、段々と人気が高まっている。最近ではオリジナルレシピを用いて独自の抽出を楽しんでいる人をSNSで見かけるようにもなった。


そんな人気上昇中のデルターだが、多くのデルターユーザーからある一つの質問をよく頂く。その質問とはこちら。


同時に2杯分のコーヒーを作ることはできないのでしょうか?



確かに2人分のコーヒーを一回ずつ分けて淹れるのはとても面倒であるし、2人分を同時に淹れられたらどんなに楽かと思う。特にアウトドアのシーンでは2杯同時抽出は重宝する。この事について悩んでいる方が非常に多い。それは「デルターは一杯分しか作れない」というレビューをネット上で見掛ける機会が多いからかもしれない。


果たして本当に「デルターは1杯分しか作る事が出来ない」のだろうか?



スポンサーリンク

2杯分はやっぱり無理?

デルターコーヒープレスが「2杯分を一度で抽出できない器具」と言われている理由はシンプルに、「チャンバー内にお湯がMax250mlしか入らない」からである。しかしある方法を行えばデルターコーヒープレスでも2杯分のコーヒーを一回の抽出で淹れる事ができる。そのやり方はとてもシンプルで以下の事をするだけ。



使うコーヒー豆の量を増やし、湯を後からさらに加える



これが正攻法。それでは実際に淹れていこう。




2杯分淹れてみよう

デルターを普段使っている人からすれば何も難しいことはない。基本的なオペレーションは一杯分を淹れる時と同じ。違うのは、以下の事だけ。


使うコーヒー豆の量を増やし、湯を後からさらに加える



<レシピ>

コーヒー豆 (中浅煎り〜中煎り) 24g
メッシュサイズ(挽き目・粒度) 中挽き
湯量 360ml(180ml+180ml)
湯温 95℃
プッシュ回数 計3回

1. ペーパーフィルターをセットしリンス

ペーパーフィルターをリンス(お湯通し)することでペーパーフィルターの独特な臭いを除去できる。またリンスはキャップとペーパーフィルターをくっ付ける目的もあるので必ずリンスはしておこう。

リンスした後軽く上下にキャップを振ってあげると余分な水分が取れるよ。


 

2. コーヒー豆を挽く

使用するコーヒー豆は24g。(ビーンドーサー約4杯分)


別記事『[初心者必見]デルターコーヒープレス(Delter Coffee Press)の使い方と基本レシピを公開』では1杯分のレシピを紹介おり、そこでは中細挽きを使用している。今回の2杯分はメッシュサイズ(挽き目)は1杯分より少し荒くして「中挽き」を推奨。理由は中細挽きだとやや収斂味(しゅうれんみ)を感じたため。



大体上の写真くらいの粒度が良い。コマンダンテ コーヒーグラインダーだとスタート位置から28クリック(中挽き)。


<関連記事>
[完全保存版]コマンダンテの粒度(挽き目)調整方法



3. コーヒー粉をセットしキャップをセット

4.チャンバーに湯を投入

湯を投入する前に、プランジャー(押す側の筒)がチャンバーの下までしっかりとセットされている事を確認。



95℃のお湯を使用。温度がピンポイントで設定ができる温調ケトルがおすすめ。お気に入りのBrewista(ブリューイスタ)のケトルが便利。



<関連記事>
[レビュー]トップバリスタが愛するケトル。Brewista電気ドリップケトルの魅力を全て公開



180mlのお湯をチャンバーにセット。お湯を投入した後はゴムキャップをすぐにはめ、湯温の低下を防ごう。



5. 蒸らし

50mlを引きぬいてゆっくりとプッシュ。



この蒸らし行程が超重要なポイント。蒸らしは驚きの2分。様々な抽出検証を行なった結果、ここで2分間の蒸らしを行う事で甘さをを多く引き出せる事が分かった。



蒸らしの2分は甘さを引き出す準備。プッシュ後は2分経つのをじっくりゆっくり待とう。



6. ファーストプレス

残りの130ml全てを引き抜いて、30秒〜40秒間掛けてゆっくりプッシュしよう。



6. お湯を再投入

ここで180mlのお湯を再投入。



7. セカンドプレス

180ml全ての湯を引き抜いて40秒〜50秒掛けてゆっくりとプッシュ。



8. 完成

抽出される総液体量は約300ml。とてもシンプルな方法で、2人分のコーヒーを一度の抽出で淹れる事ができる。中浅煎りながら酸味のボリュームは抑えられ、甘くバランスがとれている。それでいてクリア。デルターコーヒープレスは浅煎りや中煎りとの相性が抜群だ。



最後に

今回はデルターコーヒープレスで二杯分のコーヒーの淹れ方を紹介した。焙煎度合いやコーヒーの種類によって挽き目などはお好みで微調整すると良いだろう。少しの工夫で様々な使い方ができるデルターコーヒープレス 。今後もまたデルターを使った新しい抽出方法などあればシェアしていきたいと思う。

関連記事

「コーヒーの新しい抽出方法」と聞いて、その響きに心ときめかせるコーヒーラバーは少なくないだろう。新しく、そしてユニークな抽出方法を実現できる抽出器具「デルターコーヒープレス(Delter Coffee Press)」が現在世界中で話題になっ[…]

デルターコーヒープレスとは コーヒーリテラシー
スポンサーリンク