【簡単】2投メソッドでハンドドリップはよりシンプルに。そしてより美味しく

何事においても「シンプルな方法で大きな結果を得る」ほうが心理的にも体力的にも負担は少ない。

コーヒーの抽出も同じ。

自分用に毎日淹れるコーヒーはシンプルで簡単な方法の方が絶対に良い。仕事柄様々な方法を試し、最終的に今回のシンプルな方法に辿り着いた。HarioV60を使用し、とてもシンプルな方法で誰でも簡単に美味しいコーヒーを淹れられるメソッドをシェアしたい。

スポンサーリンク

ポイントは三つ

2投メソッドのポイントは3つ。(中浅煎り〜中煎り)

コーヒー豆と湯量

・コーヒー豆:15g
・湯:225g

湯温

93℃

蒸らし1分
・蒸らしは1分

・湯量は30g

品質のよいコーヒー豆を使うのも忘れずに

コーヒー豆の用意

コーヒー豆は15gを用意。

使用するコーヒーは、

『コロンビア ウォッシュトプロセス  中浅煎り』

りんごや洋梨のような爽やかな果実味とブラウンシュガーのような甘さの余韻を楽しめるスペシャルティグレードのコーヒー。

コーヒー豆をグラインド

挽き目は中細挽き。(コマンダンテ 26クリック)

コーヒーのミルは、手挽きミル最高峰のコマンダンテC40 (Comandante C40)を使用。「粒度の均一性」と「微粉発生の少なさ」に優れたハンドミル。1年前に入手してからはずっとこれ。

<関連記事>
『[完全保存版]コマンダンテの粒度(挽き目)調整方法』

『[使用レビュー]コマンダンテ(Comandante)コーヒーグラインダーを1年間使い倒してみた感想』

ペーパーのリンス

リンスをしてペーパーフィルターの臭いを取り除く。

 ドリッパーの側面にお湯をクルッと3週ほど掛ける。しっかりと掛けることでドリッパーを温める効果もある。サーバーに落ちたお湯は捨ててしまおう。

ペーパーのにおいは結構くさいよね

水を93度に温める

湯温は93℃。

今回のコーヒー豆は中浅煎りなので低すぎても高すぎてもよくない。92、93℃くらいがベスト。温度は温度計を使うか、ピンポイントで温度調整ができる温調ケトルがオススメ。

<関連記事>
[レビュー]トップバリスタが愛するケトル。Brewista電気ドリップケトルの魅力を全て公開

粉を慣らす

粉は必ず平らに慣らす。

表面が平らになるようにドリッパーを数回揺らす。こうすることで粉の層の内部の密度が均一になり、チャネリングが起こりずらくなる。

<関連記事>
【コーヒー におけるチャネリングとは?】意外と盲点?これを知ればあなたのドリップコーヒーは劇的に良くなる

ストップウォッチをスタート

ドリップスケールのタイマー、もしくはストップウォッチをスタートさせる。ストップウォッチがスタートしたらすぐに蒸らしを開始。

蒸らし(1投目)

蒸らしに使う湯量は30グラム。

コーヒー豆に対して蒸らしの湯は2倍は必要。粉の全てにお湯が掛かるようにするのがポイント。30gより湯が少なすぎるとコーヒー粉の層の下にまでたどり着かず均一に蒸らすことができないので注意。

ドリッパーをスピン

30gのお湯を手早く掛けたあとはドリッパーを両手で軽く持ち上げクルクルとドリッパーを2、3回スピンさせる。そうすることでしっかりと全ての粉に湯を行き渡らせることができる。

蒸らし時間は1分。

しっかりと蒸らし時間を取ることで抽出効率をあげる効果がある。

2投目

1分経過したら2投目を開始。掛ける湯量は

225−30(蒸らし)=195g

中央から外側へ、外側から中央へを繰り返し、45秒で195g全てを掛け終わるようにする。2投にする事で、温度の一貫性を保った状態の湯とコーヒー粉が常に接触している状態を作り出すことができる。

なんだか浸漬式のフレンチプレスに似ているね

ドリッパーをスピン

2投目を掛け終わったらすぐに2、3回スピン。外側に付着したコーヒーの粉を削ぎ落とす。これをやり方はラオスピンと呼ばれている。

抽出後の粉の状態

最後のスピンをしてから1分〜1分30秒経過後全てのお湯が落ちきる。これで抽出完了。写真(上)のように平らな状態になっていれば抽出成功。トータルの時間は大体3分〜4分の間で落ちきるのが目安。これより早かったり遅かったりした場合は挽き目を調整する。

トータルの時間はそれほど気にしなくても良い。大切なのは粉と湯が接触している時間。この時間が短ければ甘さとボディが弱いコーヒーになる。スピンしてから落ちきるまで1分〜1分30秒は欲しいところ。

完成

プロでなくても、誰でも簡単にシンプルに美味しいコーヒーが淹れられる方法を模索してきた結果が今回の2投メソッド。濃度感もちょうどよく甘さの余韻が楽しめるコーヒーに仕上がった。ぜひお試しあれ。

まとめ

  工程 時間経過 湯量
蒸らし(1投目)スタート 0:00 30g
スピン 0:10  
2投目スタート 1:00 195g
スピン 1:45  
落ちきり 3:00〜4:00  
完成    
スポンサーリンク