[コーヒー豆] Coffee County/ブラジル フォルキーリャ・ド・リオ農園

今回は全国的な知名度も高い、福岡の名店COFFEE COUNTY(コーヒーカウンティ)からブラジルのコーヒーを紹介したい。

COFFEE COUNTYと言えばジャパンコーヒーロースティングチャンピオンシップ2014準優勝という輝かしい実績を誇る名ロースター森氏のお店。

飲む前からとても楽しみでならない。

コーヒー情報

フォルキーリャ・ド・リオ農園は2009年からスペシャルティコーヒーの生産を始めたのだが、元々ワインの専業農家であったため、分野は違えどコーヒー生産を始めた当初からコーヒーの品質に関して厳しい目を持っていた。

そのため2012年以降数々のコンテストで入賞することができたのだ。

<コーヒー情報>

農園 Forquilha do Rio(フォルキーリャ・ド・リオ農園)
生産国 Brazil 
エリア カパラオ地区
標高 1,120〜1,420m
品種 Red Catuai(レッドカツアイ)
精製処理方法 Natural(ナチュラル)

コーヒーを抽出してみよう

まずはコーヒーを準備

綺麗な豆面

綺麗な焼き色に期待感はうなぎ上りだ。
香りもとても香ばしい。

コーヒー豆15g

15gのコーヒー豆をコーヒースケールで用意する。

 
少し面倒だけど、コーヒー豆とお湯の量はきちんと測ることが美味しいコーヒーを作る上での第一歩なんだよ。

コーヒーミルでコーヒーを挽く

ドイツ製手挽きコーヒーグラインダー コマンダンテ

業務用グラインダーに勝るとも劣らない精度でコーヒー豆を粉砕する手挽きグラインダーの最高峰、ドイツ製「Comandante (コマンダンテ )」。

粒度の揃い方が均一で私がとても信頼しているグラインダーの一つ。

中粗挽きでコーヒー豆をグラインド

中挽きにコーヒー豆を挽く。
コマンダンテであれば30クリック(カチッカチっと30回ダイヤルを回す)で上の写真と同じ挽き目になる。

クレバーコーヒードリッパーで抽出

クレバーコーヒードリッパー レッドポイズンコーヒー コーヒー豆 レビュー

抽出方法はコーヒーリテラシーではお馴染みの台湾製ドリッパー「クレバーコーヒードリッパー」。

テクニックを必要とせず味のブレを最小限に抑えることができるオススメの抽出方法。

味の特徴を知るために、一杯目は必ずクレバーコーヒードリッパーを使用するのが私のこだわり。

<抽出レシピ>

コーヒー 15g
エイジング 焙煎から一日経過
湯量 225g
メッシュ(挽き目) 中粗挽き(コマンダンテ 30クリック)
抽出時間  トータルで5分 (浸漬時間:4分, 透過時間:1分)

 
初めて淹れるコーヒーはまずは決めた同じレシピで淹れるのがおすすめ!そのコーヒー豆の特徴を知ることが大切。
2回目からは自分なりのレシピで自分なりのコーヒーを表現してみてね。
 
お湯を注ぐと部屋中に良い香りが漂う

お湯を勢いよく注いだら4分間は触らずそのままの状態で待とう。

乗せるだけなので簡単抽出

4分経ったら表面に浮いてきているコーヒー粉を数回撹拌し、すかさずカップに乗せて抽出開始。
注湯から抽出終了までトータル約5分。

出来上がり

カップの液体を軽くスプーンで混ぜて、カップ内の液体を均一にして完成だ。

ブラジルらしかなぬ綺麗な酸味

初めて飲んだ印象は、良い意味でブラジルらしからぬ綺麗なシトラスの酸があり、後に甘いカシューナッツのような風味を感じる。
アフターには黒糖を思わせるような深い味わいと甘さとコクを感じ、

様々な表情を見せ飲む人をとても楽しませてくれるコーヒーだ。

他のコーヒーも飲んでみたいと思わせてくれたブラジル・フォルキーリャ・ド・リオ農園のコーヒー。もし気になる方は下のリンクから通販で購入ができるので要チェックである。

>「コーヒーで幸せに」

「コーヒーで幸せに」

「コーヒーで幸せに」をコンセプトにコーヒーの楽しさや多様性などをより多くの日本人の方々に発信していきたいという想いでこちらのメディアを開設しました。

突然ですが皆様はこの事をご存知でしょうか?

“美味しいコーヒーが日常的に飲まれている都市は、幸福度が高い”

と言われています。

私自身の経験からも、コーヒーのあるライフスタイルは毎日の生活に少しの潤いを与えてくれるものだと感じています。

「コーヒーを通して、今よりほんの少しでも皆様に幸せになってもらえたら。」

コーヒーを淹れる方、コーヒーを飲む方にとって少しでもお役に立てるような情報を発信できるよう誠意を持って運営させて頂きたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。