[コーヒー豆] RED POISON COFFEE ROASTERS (レッドポイズンコーヒーロースターズ) インドネシア マンデリン 浅煎り

いつもハイクオリティなコーヒーを販売しているRED POISON COFFEE ROASTERS(レッドポイズン コーヒーロースターズ)からまたコーヒーラバーの興味をそそるユニークな商品が発売された。

すぐに通販で注文。

注文ボタンをクリックしてからはポストを覗くのがとても楽しみになる。

ポストの前ですぐに封を開けてその場でコーヒーを抽出したい、と思うほどである。

スポンサーリンク

コーヒー情報

レッドポイズンコーヒーロースターズ RED POISON COFFEE ROASTERS インドネシア マンデリン ティムティム 浅煎り Indonesia TimTim Mandarin Light Roast コーヒーカード パッケージ

<コーヒー情報>

商品名 Indonesia Tim Tim Mandarin(インドネシア ティムティム マンデリン)
生産国 Indonesia(インドネシア)
エリア Aceh(アチェ州)
標高 1,450〜1,550m
品種 Tim Tim(ティムティム)
精製処理方法 Sumatra(スマトラ式)

マンデリンの浅煎りが珍しいわけ

レッドポイズンコーヒーロースターズ RED POISON COFFEE ROASTERS インドネシア マンデリン ティムティム 浅煎り Indonesia TimTim Mandarin Light Roast コーヒー豆
開けたての香りは素晴らしい

マンデリンは基本的に深煎りで販売されているコーヒーショップが多く、マンデリンといえば苦味のあるコーヒーが主流である。

しかし今回はなんと、あまりお目にかかれない「浅煎り」をあのレッドポイズン コーヒーロースターズが販売するということで、ワクワクが止まらない。

なぜマンデリンの浅煎りが珍しいのか、その理由をオフィシャルウェブサイトから引用させて頂く。

 
一つには焙煎の難しさ。大粒で固く含水量の多いマンデリンの生豆を浅煎りにて適正にカロリーを供給しフレーバーを発達させるまでに至らせることが容易ではないこと。

二つ目は現地農園で行われるスマトラ式という独特の精製プロセスによるもの。スマトラ式は生豆が痛みやすくそれが特に浅煎りでは味にも現れやすいということ。

引用元:インドネシア マンデリン Tim Tim 商品ページ

高品質な素材(生豆)だけではなく、その生豆のポテンシャルを生かす焙煎技術が必要になるということだ。

この二つが揃って初めて、本当に美味しいマンデリンの浅煎りが誕生するのである。5等級の肉を一流シェフが適切に焼いて初めて最高のステーキになる、という感覚に近いのかもしれない。

マンデリンの浅煎りを淹れてみる

レッドポイズンコーヒーロースターズ RED POISON COFFEE ROASTERS インドネシア マンデリン ティムティム 浅煎り Indonesia TimTim Mandarin Light Roast コーヒーカードとパッケージとコーヒー器具

コーヒー器具にはいつも愛用しているハリオのコーヒースケールとコマンダンテ 、そしてクレバーコーヒードリッパー(台湾)を使用する。

レッドポイズンコーヒーロースターズ RED POISON COFFEE ROASTERS インドネシア マンデリン ティムティム 浅煎り Indonesia TimTim Mandarin Light Roast コマンダンテでグラインド

グラインダーには入手が困難となっているドイツ製手挽きコーヒーミル「Comandante コマンダンテ 」を使用する。

粒度の揃い方は他の手挽きミルや電動ミルに比べて群を抜いているので、お気に入りだ。

関連記事

先日の出来事。店舗で飲んで「美味しい!」と思ったコーヒーと同じコーヒー豆を購入し、家で淹れてみたが味が全く違うという経験をした。お店の人のアドバイス通り、同じ抽出方法、同じレシピで淹れても味が全く違う。そこで、抽出テクニックに問題があったの[…]

レッドポイズンコーヒーロースターズ RED POISON COFFEE ROASTERS インドネシア マンデリン ティムティム 浅煎り Indonesia TimTim Mandarin Light Roast クレバーコーヒードリッパーで抽出中

抽出に使うドリッパーには、抽出テクニック不要なクレバーコーヒードリッパーをチョイス。

関連記事

「自宅でも美味しいコーヒーが飲みたいけど淹れるのがめんどうだな・・。」 そんなジレンマを抱えた人の悩みを100%解決するコーヒー器具が、隣国・台湾から生まれた「クレバーコーヒードリッパー(Clever Coffee Dripper)」だ。 […]

インドネシア マンデリン
「らしからぬ」、そして「らしい」

レッドポイズンコーヒーロースターズ RED POISON COFFEE ROASTERS インドネシア マンデリン ティムティム 浅煎り Indonesia TimTim Mandarin Light Roast コーヒー

苦味が主体となる深煎りとは違い、インドネシアマンデリンの浅煎りはとてもフルーティ。

コーヒーカードに書いてあった通り、バレンシアオレンジのようなジューシーな酸味を感じる。

そして後味にはマンデリンらしい、男らしくダンディな印象が頭にイメージとして浮かんでくる。

マンデリン「らしからぬ」それでいて「らしい」。

なんとも奥深い一品だ。

コーヒーの温度が体温と同じくらいになった時にまた何気無く口にコーヒーを含む。

その瞬間、華やかさが口の中に広がる。

マンダリンオレンジのようなジューシーさの中に花のようなフローラルさ。

淹れたての熱い時とはまた違う顔を出す。

本当に奥深い一品だ。

店舗もとても素敵なので是非足を伸ばして頂きたい。

関連記事

2018年7月、世間のサードウェーブコーヒーの波が落ち着き始めた頃、神奈川県座間市に突如として現れた新星ロースター、「Red Poison Coffee Roasters(レッドポイズンコーヒーロースターズ)」。 5年間通販のみでの運営をし[…]

スポンサーリンク