革命的なコーヒー器具!デルターコーヒープレス(Delter Coffee Press)の魅力をレビュー

コーヒーの新しい抽出方法」と聞いて、その響きに心ときめかせるコーヒーラバーは少なくないだろう。新しく、そしてユニークな抽出方法を実現できる抽出器具「デルターコーヒープレス(Delter Coffee Press)」が現在世界中で話題になってきており、日本でも火が付きつつあるのを肌で感じる。

次世代のコーヒー器具との呼び声が高いデルターコーヒープレス。デルターユーザーとして半年以上使ってきた僕の目線で詳しくレビューしていきたい。

 

 
スポンサーリンク

デルターコーヒープレス(Delter Coffee Press)とは

デルターコーヒープレスとは コーヒーリテラシー

我々は発見の旅の中で、全く新しい抽出方法を産み出すことに成功した。
(We’ve been on a journey of discovery, and we’ve created a new way to brew.) 

By Delter Coffee

デルターコーヒープレスは、コーヒー大国オーストラリア・ブリスベンの地でMark Folker氏を中心としたデルターコーヒーチームによって開発された新しいコーヒー器具である。

コーヒーに対する強い情熱を持ったコーヒーラバー達によって結成され、4年間もの間コーヒー業界のために新しいコーヒー器具をプロデュース・デザインしてきたこのチームは、ついにシンプルかつイノベーティブで価値のあるコーヒー器具を開発することに成功した。

クラウドファンディングでは目標金額の350%を1週間以内で達成するなど、発売前から俄然注目度が高かった。

 

エアロプレスとの違い

デルターコーヒープレスはその形状からエアロプレスと比較されることが多いのだが、似て非なるもの。全く別物だと考えて良い。力を上から掛け高い圧力で抽出するエアロプレスに比べ、デルターコーヒープレスはV60やカリタなどドリッパーを使ったドリップ式に抽出アプローチが近く、プレス時に強い力を必要としないのが特徴。お湯が粉をすり抜けていく、という感覚とでも言えばいいのかな。

そのためデルターコーヒープレスが今後エアロプレスに取って代わる、というよりも表現したいコーヒーの味わいによって2つの器具を使い分けるというのが良いだろう。

自由度の高さや携帯性からエアロプレスが現在不動の人気を誇っているが、デルタコーヒープレスがそれと同じくらいの地位に登り詰める日も近いのではないかと期待せずにはいられない。

 

 エアロプレスの特徴

■ インバート式(逆さ)にしたり攪拌回数や押す時間を変えたり自由度が高くフレキシブル
■ 高い圧力をかける事によりフレーバー豊かでボディのあるコーヒーに仕上げることができる
■ 高圧抽出のエスプレッソにアプローチが似ている

 デルターコーヒープレスの特徴

■ 再現性に優れている
■ プレスのスピード・時間を変えて味を自由にデザインすることができる
■ 苦味が少なくクリーンな味わいのコーヒーを作ることができる
■ エアロプレスよりさらにアウトドアに向いている
■ 透過式抽出であるドリップにアプローチが似ている


 

デルターコーヒープレスの特徴

1. クリーンな味わいのコーヒー

V60などのドリッパーを使用した透過式の抽出方法に近いデルターコーヒープレスは、雑味や苦味がないクリーンな味のコーヒーになるのが特徴。その理由はデルターコーヒープレスはお湯と粉が接触する際に攪拌がほとんど起こらず、スムーズにお湯がコーヒーベッド(粉の層)を通過していくため。

ドリップ式もクリーンな味わいのコーヒーを比較的作りやすいが、ドリップ時に起こるお湯の勢いによる粉の攪拌がデルターコーヒープレスでは起こらないためデルターコーヒープレスはドリップよりさらにクリーン。

そのためスペシャルティグレードのフレーバーフルで綺麗な酸を持つ浅煎り〜中煎りのコーヒーとの相性が良く、雑味・苦味がほとんどない綺麗な味のコーヒーができる。

 

2. ジェットシールによる高い再現性

味の再現性の高いコーヒー抽出方法といえば、フレンチプレスやクレバーコーヒードリッパーを使用した浸漬式(コーヒー粉とお湯を一定時間漬け込む方法)だが、ドリップなどの透過式の抽出方法は再現性が低い。

それは人間が作業を行なっている以上、同じように注いでいたとしても必ず動きにブレが生じてしまうため、毎回同じように淹れているつもりでもその都度味の差が多少なりとも出てしまうからである。自由度は高いが、非常に一貫性を保ちづらく全く同じ味を再現する事が難しい。

そんなドリップのデメリットを解決したのがこのデルターコーヒープレスなのだ。その高い再現性を生み出してくれるのが革命的な部品、「ジェットシール」。


 

このジェットシールというパーツには19個の小さな穴が空いており、プランジャー(細い筒)を押して圧をかけた時に初めてこの小さな穴が開きお湯が通過するという画期的な仕組みになっている。そのため、コーヒー粉とお湯を完全に分離した状態にすることができるのだ。

 

ジェットシール上に挽いたコーヒー豆をセットする。

 

ペーパーフィルターはあらかじめリンス(湯通し)しておき、ペーパーフィルターがキャップに密着した状態でキャップをはめる。

 

 

左からドーサー、ブリューチャンバー、プランジャー。まずはプランジャーをブリューチャンバー内にセットする。

 

ここで必要分量お湯を注いでいく。今回は200ml。エアロプレスであればこの時点で粉とお湯は接触し抽出が始まるのだが、デルターコーヒープレスの場合は粉とお湯は分離したまま。これがジェットシールのすごいところ。


 

プランジャーを上に引き、使いたい分の湯量を決められる。

 

引き抜いた分のお湯をプレスをしていく。


 

プレスすることによってジェットシールの穴が開き、コーヒー粉の層をお湯が通過してコーヒーが抽出される。200mlを何回かに分けてプレスしてもいいし、一回で200ml全てのお湯をプレスしてしまってもよい。またそのプレス時間をゆっくりプレスするのか、早くプレスするのかによって味の出方も変わってくる。

このように的確に自由に抽出をコントロールでき、次の抽出でも次の次の抽出でもほとんど味のブレのないコーヒーを作る事ができるのがデルターの大きな特徴であり魅力。この高い再現性」は他の抽出器具の追随を許さないレベルに達していると思う。

より詳しく抽出方法を知りたい方は『[初心者必見]デルターコーヒープレス(Delter Coffee Press)の使い方のコツと基本レシピを公開』を参照してほしい。


 

3. プレスが楽

エアロプレスの場合はプレスの際に力を要するのが難点。立って両手を使って押したり、中には全体重を掛けて押し込んでいる光景を良くお店で見かける。店舗で一日何十杯もコーヒーを抽出しなければならない場合これは非常に骨が折れる作業である。

それに対して、そこまで大きな力を入れずに、スーーっとスムーズにプレスをすることができるところがこのデルターの良い点。男性であれば片手で座りながらでもプレスすることができる。

 これが一日何百杯もコーヒーの注文が入るオーストラリアのコーヒーショップでデルターが重宝される理由かもしれない。

 

4. 見た目がスタイリッシュ

コーヒー器具を購入する際、その器具の機能性より見た目を重視してしまった経験はないだろうか?自分がいいな、かっこいいなと思って買った器具で淹れたコーヒーは何だかいつもより美味しい気がする。個人的にもエアロプレスよりデルターのデザインの方がカッコ良くて先進的で好みだ。



4. 携帯性に優れている

手にすっぽり収まるほどのサイズで重さも約250gと非常に計量。僕もアウトドアが好きで登山にいく時は必ずコーヒー器具を持っていくのだが、何せコーヒー器具は重いものが多い。これだけ軽ければリュックを背負う背中への負担も軽減されるのでかなり良い。かさばらないのでキャンプや登山に限らず、旅行、もちろんオフィスでの使用にも向いている。


 

5. 目盛りで湯量が分かる

スケールや計量カップを使って湯量を計らなくても、ブリューチャンバーには目盛りがついているのでその目盛りに合わせてお湯を投入するだけ。とても便利。



6. スケール無しでもコーヒー豆が計れる

お湯の温度が下がらないようにするためのドーサー(シリコン製のフタ)。これを裏返せばコーヒー豆を計量するツールに早変わり。

 

一杯で約6gのコーヒー豆を計量できる。もちろん煎り具合などによって1スクープが6gにならない事もあり毎回若干のブレが生じるが、外出先やアウトドアなどでコーヒー豆を計るには十分だろう。すごくいいと思う。



7. 安全で強靭な素材

プラスチックの素材には、トライタン・コポリエステルという極めて割れにくい素材を使用している。またこのトライタン・コポリエステルは、プラスチック製品に含まれる人体への悪影響を及ぼす有害物質「BPA(ビスフェノールA)」が含まれていない「BPAフリー」の素材。非常に安全性の高いコーヒー抽出器具である。


 

最後に

ありそうで無かった新しい抽出アプローチが特徴のコーヒー器具「デルターコーヒープレス(Delter Coffee Press)」の魅力は十分伝わったのではないだろうか。本当に魅力的な器具で何かをきっかけに人気が爆発する可能性を秘めている。エアロプレスともドリップとも違う新しい抽出メソッドをぜひその手で確かめてほしい。

 

 デルターコーヒープレスを使って実現できること

■ コーヒー抽出における圧倒的な再現性
■ 苦味、渋み、雑味がないクリーンな味わいのコーヒー

 デルターコーヒープレスをオススメしたい人

■ 苦いコーヒーが嫌いな人
■ 毎日簡単に美味しいコーヒーを淹れたい人
■ これからコーヒーを始めたい人
■ アウトドアで手軽に美味しいコーヒーが飲みたい人
■ 誰でもクイックで安定したコーヒーを抽出できるようなオペレーションを店舗に取り入れたい人

 

関連記事

前回の記事『革命的なコーヒー器具!デルターコーヒープレス(Delter Coffee Press)の魅力をレビュー』では詳しくデルターコーヒープレス(Delter Coffee Press)の魅力について紹介した。そして今回は使い方のコツと[…]

関連記事

コーヒー大国・オーストラリアで誕生した革命的なコーヒー抽出器具「Delter Coffee Press(デルターコーヒープレス)」。この器具を半年前にゲットして以来、今やこのデルターの虜である。 高い再現性とクリアな味のコーヒーを作れるとこ[…]

スポンサーリンク