世界のトップバリスタが愛するケトル。Brewista電気ドリップケトルの魅力を全て公開(レビュー)

世界中のトップバリスタの多くが使用している事で注目を浴び、今や電気ケトルNo1の呼び声が高いBrewistaのケトル。


湯温を測るのに温度計を使うのがいつも煩わしく感じていたのと、Brewista製品がずっと欲しかったので購入してみた。単刀直入に言うとかなり使いやすい

バルミューダやビタントニオなどコーヒー器具メーカー以外からの参入も目立つドリップケトル戦線において頭一つ抜け出しているBrewistaのドリップ専用ケトル


「ブリューイスタ アルティザン グースネック ケトル(Brewista Artisan Gooseneck Kettle)」


の魅力を今回は余すことなく紹介していきたい。









スポンサーリンク

Brewista社とは

Brewista社(ブリューイスタ社)はアメリカ合衆国ワイオミング州の南東部に位置するワイオミング州最大の都市シャイアンで2014年に産声を上げ、プロが納得する機能性デザイン性を兼ね備えたコーヒープロダクトを開発・販売している。


今回紹介するケトル以外にもバリスタ心をくすぐる素晴らしい商品がラインナップとして並ぶ。特にBrewistaのスケールは痒いところに手が届く機能が搭載されバリスタ心をくすぐってくる。


関連記事

先日バリスタの友人から「とても使いやすいから」と「Brewista Smart Scale Ⅱ (ブリューイスタ スマートスケール 2)」という電子スケールを勧められ、その友人から借りて実際に2週間使用してみた。 世界のトップバリスタが愛用[…]

 

 

 

世界チャンピオンがアンバサダーを務める

ブランドアンバサダーはコーヒー抽出の世界大会「World Brewers Cup2014」年で見事世界チャンピオンに輝いたステファノ氏が就任。


また日本のブランドアンバサダーにはWorld Barista Championship2016(ワールドバリスタチャンピオンシップ2016)で見事準優勝を飾ったRec Coffee代表の岩瀬氏が務める。



日本でのBrewista人気は高まってきており、コーヒーショップでバリスタが使っているのを頻繁に見かけるようになった。そのきっかけは2018年9月に東京ビッグサイトで開催されたアジア最大のコーヒーイベント、SCAJ2018。


このイベント内のBrewistaブースで紹介されて以来、その名は業界内で広まり、それ以後日本のバリスタからも広く愛用されるようになったのである。







Brewista社の想い

Brewistaの製品を使っていて感じるのは何も不自由や違和感を感じないこと。これはとてもすごいこと。現場のプロたちの声をきちんと反映して製品を開発する姿勢には本当に頭が下がる思いだ。

以下Brewista社の理念を引用掲載。Brewistaの想いが文章に全て詰まっている。


Brewistaは2014年に結成され、エンジニア、ロースター、バリスタの協力を得て、最高の一杯を抽出するためのツールを作っています。

何十年にも渡って培ってきた経験を活かした最高水準の技術と、世界中の賞を受賞したバリスタやロースターのノウハウを組み合わせた革新的な製品で皆さんを驚かせてきました。

Brewistaは皆さんにコーヒー生産者やロースターの情熱を体験していただきたいと考えています。その情熱を、最大限に楽しんでいただくためにBrewistaは存在するのです。


引用元 : https://www.brewista.jp

 





グースネックケトルの魅力を全公開

1℃単位で温度調整可能

40℃〜100℃という幅広い範囲内で1℃単位の温度設定が可能なのがこのケトルの大きな魅力。この機能がバリスタである僕が一番気に入っているポイントでもある。

その理由はコーヒーの抽出において湯温はとても重要で、切っても切り離せない関係にあるからだ。

バリスタは焙煎度合いやコーヒー豆によって温度を1℃あげたり1℃下げたりと繊細な温度コントロールをする事で、そのコーヒー豆のポテンシャルを最大限まで引き出そうとする。


従来はケトルに温度計をさして湯温を測っていたがBrewistaのような温度調整ケトルであればその煩わしい作業が減るのでこの機能には本当に救われている。

 

関連記事

コーヒーは細かく挽いたコーヒー粉とお湯を合わせて抽出する飲み物である事は周知の事実。その抽出に使うお湯の温度が出来上がりのコーヒーの味に大きな影響を与える事は以外にも知られていない。コーヒーとお湯の温度は切っても切り話せない関係にあるのだ。[…]








プリセット温度で簡単温度設定

このプリセット機能が非常に使いやすい。写真(上)のボタンを押すと予め設定されている温度が表示され簡単に温度設定ができる


プリセットに設定されていない温度に設定したい場合も簡単。例えば自分が設定したい温度が93度であれば、予めプリセットされている88℃に設定してから1℃ずつ上げて93℃にすればクイックに温度設定ができる


押す回数と温度設定の対応表は以下の通り。

 

1タッチ 40℃
2タッチ 50℃
3タッチ 60℃
4タッチ  70℃
5タッチ 80℃
6タッチ 85℃
7タッチ 88℃
8タッチ 96℃
9タッチ 98℃

 





 

保温機能

このケトルには設定した温度で保温できる機能がある。保温ボタンを押すと最大1時間温度を保持してくれる。店舗で使う場合、コーヒーの注文が入れば温め直さずにすぐにドリップができるのでとても便利。1時間触れなければ自動でOFFになるので万が一電源を消し忘れてそのまま出かけてしまっても安心。

 




Fast Boil (急速沸騰)機能

タッチパネル上の沸騰ボタンをワンタッチするだけですぐに沸騰が始まる。参考までに常温の24℃から沸騰するまでの時間を計測してみた。






300ml 2分13秒
600ml 4分6秒




上記の結果に。使っていて遅いなと感じたことは特になく、このくらいの時間はかかるよね、という感じ。ちなみにBALMUDA(バルミューダ)の電気ケトルが25℃スタートで200ml約1分30秒、600mlで約3分と、他社の電気ケトルと比較してもそこまで大きく変わらない


ただし据え置き型の電気ポットは1ℓ沸騰させるのに約10分掛かるので、電気ポットと比べると電気ケトルの方が明らかに高速であることは間違いない。

 

また安全面にも考慮して、沸騰して数秒後に自動的に沸騰モードがオフになりビープ音で沸騰の合図を知らせてくれるので安心だ。

 




持ちやすい

美しく湾曲したハンドルは見た目だけでなく、使い手の事をとことん考え抜かれたデザインになっている。どんな手のサイズにも確実にフィットし手に吸い付くような感覚が心地よく、持っていても疲れない。


それもそのはず。このグーステイルハンドルは人間工学に基づいて設計がなされているのだ。


僕が使っている600ml(2杯分)サイズは、1ℓサイズのものより断然軽く、腕への負担がない。そして何よりケトルのコントロールがしやすいところがとても気に入っている。

 




注ぎやすい

スパウトの先端は細く加工されており、滑らかにそして細く水が流れてくれる。そのため他社のケトルと比較すると、注ぐスピードと湯量のコントロールが驚くほど正確に行える。

 






上の2枚の写真を比べて欲しい。他社のケトルのスパウトは湾曲が弱く、Brewistaのスパウトは湾曲の角度がより大きく長い。


そのため、ドリッパー内の粉にスパウトを近づける際にケトルを大きく傾ける必要がなくお湯がドバッと出てくる事がない。極めて正確な注湯コントロールを実現してくれる

注ぐお湯の勢いが強すぎるとお湯がコーヒー粉の層を突き破ってしまい、チャネリングを引き起こしてしまう可能性が高いため、良いドリップができるか否かはスパウトの湾曲具合にかかっていると言っても言い過ぎではないだろう。

関連記事

バリスタであればチャネリングという言葉を一度は耳にした事があるかもしれない。特にエスプレッソ抽出においてチャネリングという言葉が使用される。 もしこのチャネリングという現象がエスプレッソ抽出時に発生した場合、出来上がりのエスプレッソ[…]







強度の高さ

電車の車両や建築など幅広い用途に使われているオーステナイトステンレス鋼(300シリーズ)を使用しているため耐食性と高温強度に優れている。家庭での使用はもちろんの事、コーヒーショップでの酷使にも耐えられる強度の高さはとても魅力的。

 




高い耐久性と手入れが簡単なタッチパネル

電源ベース前面に位置するタッチパネルをタッチすると暗い場所でも見えるバックライトアイコンが点灯しスイッチオンの状態になる。

 




電源ベースのタッチパネルには耐久性のある強化ガラスが採用されている。持ち運びが多い人にはちょうど良い。そしてタッチパネル部分は掃除が簡単なのも魅力。電源を切り柔らかい布やティッシュ、またはメガネ拭きなどでサッと拭きあげれば完了。

 




タイマー機能

ドリップを電源ベースから抜くと、電源ベースはタイマーとしての機能も果たしてくれる。ただ現在はスマホにもストップウォッチ機能は付いているし、コーヒー専用スケールにもストップウォッチは付いているので特別この機能を使う必要もないだろう。


ケトルを電源ベースに戻すとタイマー表示が消えるので要注意

 





改善されたら嬉しい点

電源ベースにケトルをセットした時に現時点の湯温が液晶に表示される仕組みになっているが、ドリップをする際はケトルを持ったままである事が多いので、ケトル自体にも湯温の表示が分かるような機能が付いていたらもう完璧。

 

 



最後に

機能面、使い心地、見た目、全てにおいて素晴らしく、今のところ弱点がほとんど見当たらない現時点で最強の電気ケトルだと感じている。


持って、使って初めてそのことが分かる。コーヒー用にはもちろんのこと、お茶や紅茶など温度に気をつける必要があるドリンクにも使用する事ができ家庭に一台あればかなり重宝するアイテム。


バリスタやコーヒー好きの人にとってはもちろん、これからコーヒーを始める人にとっても一度手にしたら手放したくなくなるコーヒーツールの一つになるだろう。

 

製品仕様

型式 BV382606VJPシリーズ
電源 AC100V 50Hz/60Hz
定格消費電力 950w
本体寸法 幅 310mm
  奥行 230mm
  高さ 220mm
本体質量 約1355g
定格容量 0.6L(600ml)
コードの長さ 1.2m
用途

家庭用・店舗用・競技用

 








スポンサーリンク