[完全保存版]コマンダンテの粒度(挽き目)調整方法

手挽きコーヒーミルは国内・国外にて様々なモデルが開発・販売されている。

 

■ ポーレックス(Porlex)
■ Zpro(ジープロ)
■ Timemore(タイムモア)
■ Kinu(キヌ) M47

 

など高品質なモデルが各社で続々と発表されている群雄割拠のコーヒーミル戦線の中で、やはり頭一つ抜けているのは究極の手挽きコーヒーグラインダーとまで言われているComandante(コマンダンテ) C40だ。特徴は以下の4項目。

 

■ 粒度の均一性
■ 微粉発生量の少なさ
■ ハンドルの回しやすさ
■ 使い方のシンプルさ

 

その機能性は業務用グラインダーとして高い人気を誇るEK43とも比較されるほど。そんな特徴を持つ最高峰のグラインダーから抽出されるコーヒーは実にクリーンな味わいに仕上がる。

 

さらにメッシュ(粒度・挽き目)幅はエスプレッソからフレンチプレスまで幅広く、一台あれば長年重宝する。

 

今回はコマンダンテを使用しているプロのトップバリスタから自宅でコーヒーを楽しむコーヒーラバーまで幅広いコマンダンテユーザーにご活用いただける、粒度の調整法とその挽き目に合ったおすすめの抽出方法をご紹介したい。

 

関連記事

先日の出来事。   店舗で飲んで「美味しい!」と思ったコーヒーと同じコーヒー豆を購入し、家で淹れてみたが味が全く違うという経験をした。お店の人のアドバイス通り、同じ抽出方法、同じレシピで淹れても味が全く違う。   そこで、抽出テクニックに問[…]

関連記事

業務用最強グラインダーと名高いEK43や手回しミルの名機として知られるザッセンハウスなどを生み出した「職人の国 ドイツ」が生んだ「Comandante C40 (コマンダンテ C40)」。   バリスタの世界チャンピオンを輩出した事を皮切り[…]

 

 






粒度の調整方法

使い方(粒度の調整)はいたってシンプル。

 

三角形の挽き目ダイヤル(つまみ)を回して細かくしたり荒くしたりすることができる。回すとカチッと音がするので、一回カチッと音がしたらそれを1クリックとする。















粒度をもっと荒くしたければ挽き目ダイヤルを左に回し、粒度をもっと細かくしたければ右に回す。

 

非常に簡単でシンプルな粒度設定でエスプレッソ用の極細挽きからフレンチプレス用の粗挽きまで均一性を保ったまま挽くことができるのがコマンダンテの最大の特徴。

 

コマンダンテの均一性をさらにグレードアップさせたい人、再現性の高い競技会レベルの抽出を行いたい人はKruve Shifterもしくはサザコーヒーが販売しているパウダーコントロールストッカーの購入を検討するとよいだろう。粉をふるいにかける事で正確なメッシュコントロールができる。



 















クリック数による粒度の変化

何回クリックすればどの抽出方法に最適な粒度になるのか曖昧なままコマンダンテを使っている人はとても多いと思う。以下では「クリック数に応じた粒度サイズ」と「各粒度に最適な抽出方法」を写真とともにシェアしていきたい。

 












エスプレッソ用 4クリック〜16クリック

4〜10クリックまでが極細挽き。12〜16クリックまでが細挽き。

 

スタート位置(ゼロ点:挽き目ダイヤルを締めていきハンドルが回らなくなる位置で挽き目ダイヤルを固定)から、4クリック〜16クリックはいわゆる極細挽きから細挽きに値し、エスプレッソ用として使用できる範囲の粒度。

 

 









4クリック
6クリック
8クリック
10クリック
12クリック
14クリック
16クリック

ハンドドリップ用 18クリック〜36クリック

18〜26クリックまでが中細挽き。28〜36クリックまでが中挽き

 

この粒度帯はハンドドリップに適しており、粒度の揃い方も非常に均一である。
豆の細胞が硬めで成分が出ずらい浅煎りの豆は中挽きより少し細かい中細挽きで挽くことで、そのコーヒーのポテンシャルを引き出すことができる。














18クリック
20クリック
22クリック
24クリック
26クリック
28クリック
30クリック
32クリック
34クリック
36クリック

フレンチプレス用 38クリック〜52クリック

38〜42クリックまでが中粗挽き。44〜52クリックまでが粗挽き

 

もちろん52クリック以降も粗挽きとして挽くことはできるが、粒度にバラツキが出始めてくるため、粗挽きとして実用的なのは52クリックまでが限度となってくる。










 

38クリック
40クリック
42クリック
44クリック
46クリック
48クリック
50クリック
52クリック

ミル使用時の注意点

コマンダンテは非常に粒度の均一性に優れ、微粉も出づらい高性能のコーヒーミルだが、使い方によってはそのポテンシャルを最大限発揮できない場合がある。以下の2つを守って使用する事でよりコマンダンテとお友達になることができ
る。

 

ミルを正しく使う事
メンテナンス・掃除をする事

 

詳しくは以下の記事でそれぞれ紹介しているのでぜひとも参考にしてほしい。

 

関連記事

「コーヒーミルの使い方はこれで本当に合っているのかな・・?」   そんな風にコーヒーミルの使い方に不安を抱えている人が多くいることを最近知った。美味しいコーヒーを自宅で楽しむための一番の近道は、コーヒーミルやグラインダーを正しく使うこと。 […]

関連記事

美味しいコーヒーは毎日の器具のお手入れで決まる。   特にコーヒー豆を挽くコーヒーミルのお手入れは他のどのコーヒー器具よりも大切。今回は微粉の発生が少なく、粒度の均一性の高さが魅力の手挽きコーヒーミル「コマンダンテ C40(Comandan[…]













 

最後に

上記の説明ではざっくりと挽き目によって「エスプレッソ用」「ハンドドリップ用」「フレンチプレス用」と3つに分けた。

 

しかし近年では粗挽きをハンドドリップ用として使用したり、中挽きをフレンチプレス用として使用したりする向きもあるので、より用途の幅を持たせて以下の表にまとめたのでぜひ参考にしてほしい。

 

クリック数(0から) 挽き目 おすすめの抽出方法
4〜10 極細挽き エスプレッソ
12〜16 細挽き エスプレッソ
18〜26 中細挽き ハンドドリップ
28〜36 中挽き ハンドドリップ〜フレンチプレス
38〜42 中粗挽き ハンドドリップ〜フレンチプレス
44〜52 粗挽き ハンドドリップ〜フレンチプレス