HARIO (ハリオ) コーヒーサーバーの中で最もおしゃれなやつを購入してみた【レビュー】

先日ハリオのコーヒーサーバーを床に落として割ってしまった。

 

ずっと愛用していたサーバーだったのでかなりショックだったのだけれど、割れてしまったものは仕方がない。すぐにアマゾンを開いて物色タイム。

 

コーヒーサーバーは様々なメーカーが販売しておりデザインも多種多様。容量も比較しながら迷った末、ショッピングカートに入れたのはHARIO (ハリオ) で最もおしゃれなコーヒーサーバーと言われている「Hario(ハリオ)コーヒーサーバー オリーブウッド (400ml)」。

 

自分用に淹れる事が多い僕にとって400mlの容量は最適。そしてデザイン、形も申し分ないほど良い。すでに今や僕のお気に入りコレクションの仲間入り。そんなHario(ハリオ)コーヒーサーバー オリーブウッド (400ml)を今回は紹介したい。

 






Hario(ハリオ)コーヒーサーバー オリーブウッド (400ml)

何だかいつものHARIO製品の箱とは違う。クラフトの箱はHARIOにしては珍しい。この時点ですでにおしゃれ。








商品もかなり良い。期待通りの品だった。600mlサイズも展開しているが、1〜2杯分を淹れるのであれば400mlサイズでちょうど良い。










取っ手は美しい木目のオリーブウッド製

この商品の最大の売りはオリーブウッドを使用している点。柔らかな印象と美しい木目を持つオリーブウッドは、木の密度が高く丈夫で硬いのが特徴。










取っ手の上部が少しくぼんでいて手にフィットして持ちやすい。コーヒーを注ぐときの持ちやすさは重要。木製特有の手に吸い付くような感触もGood。










蓋もオリーブウッドで満足度◎

蓋もオリーブウッドで作られている。ひとつひとつ個体差があり模様が違うようなので味があってよい。つまり全て1点ものということになる。










今回僕の元に届いた商品の蓋部分の木目はとても綺麗。すごく満足している。










金属の留め金が蓋の裏についているので、これをサーバーの口元にカチッとはめるようにして乗せる。










「サーバーに金属部分がうまくはまらない」というレビューがあったが、どうやら上の写真のように調整するものらしい。少し曲げてあげるとぴったりサーバーにはまってくれる。 










コーヒーを入れてみた

やっぱりガラス製のサーバーはいい。下にコーヒーがポタポタ落ちていく光景は癒し効果抜群だと個人的には思う。ステンレスバンドが一周巻いてあるため、口元の強度も高い。そのためエアロプレスを抽出する際に強い圧力が掛かってもそう割れる心配はない。

 












淹れ終わった後のサーバーの中にこもったアロマを嗅ぐのが最高の瞬間。コーヒーを淹れた人へのご褒美だ。








 

コーヒーサーバーを選ぶときのポイントはデザイン持ちやすさ、そして注ぎやすさの3点。注ぎ口が広すぎず、狭すぎずの大きさなのでとても注ぎやすい。このサーバーも含め、Harioの製品は近頃洗練されたデザインのものが多くなってきたように感じる。

ちょっとしたお出かけ時にコーヒーを入れて持ち歩くのに重宝しているHario Stick Bottle140も洗練されたデザインで気に入って使っている。機能性のみならずスタイリッシュなフォルムで、ポケットに入れて持ち歩くのが楽しくなってくる。

 

関連記事

「環境と節約のため・・。」   と、400mlの水筒に飲み物を入れて出かけたり出勤したりしていたのが数年前。荷物がかさばるのが次第に嫌になり結局棚の中に眠ったままになってしまった。 もう少しコンパクトで手軽に持ち歩ける水筒はないものかと探し[…]










最後に

コーヒーを受けるためのコーヒーサーバーは、ドリッパーやケトルなどと違いコーヒーの味わいに直接影響を与える器具ではない。完全に自己満足の世界である。

ただそこを疎かにせず、自分が心から気にいったコーヒーサーバーを使うだけで、ひとときのコーヒータイムが虹色に彩られる。少し良いものを使っていつもより素敵なコーヒータイムで一日をスタートしてみてはどうだろうか。