魅惑のコーヒーツール「ブリュースティック」でさらにコーヒーを美味しく。

元々コーヒー器具としては作られていないが「これコーヒー器具として使えるのではないか?」という商品が世の中には存在する。今回はそんな商品の一つ「マドラースプーン」を購入して使ってみた。

 

このマドラースプーンを使ってコーヒーを抽出すれば、V60のような円錐型ドリッパーで淹れるコーヒーが今までよりさらに美味しくなる。その理由と使い方を今回はシェアしていきたい。

 

この記事がおすすめな人

■ ドリップコーヒーを今より美味しく淹れたい人
■ 浅煎りコーヒーが美味しく淹れられない人
■ エアロプレス愛用者

 

 

購入のきっかけ

最近はドリップ時の蒸らしでスプーンを使うことが個人的に多い。理由は蒸らしのお湯を粉一粒一粒にまで均一に行き渡らせたいからである。美味しいコーヒーを作る上でこの蒸らしが最も重要なフェーズだと最近思っている。


なぜなら蒸らしが不均一だと出来上がりのコーヒーに未抽出の味と過抽出の味が混在し、まとまりのない味になってしまうからだ。特にHario V60などの円錐型のドリッパーの場合は厄介


コーヒー層の距離が長いため最下部にお湯が浸透するのに時間が掛かってしまう。そのためV60での抽出の場合は必ずスプーンを使用することにしている。







 

ティースプーンはどうも・・・

ただ、ティースプーンを使うことに関しては少し不満に感じていた。つぼの部分(スプーンの先)が広いため小回りが効かず、ドリッパーの最下部のコントロールが難しいからだ。


また同じ理由で側面部分のコントロールも難しく均一にお湯を行き渡らすにはティースプーンでは不十分だと感じていた。


そこでより細くてコントロールしやすいスプーンを探していたところマドラースプーンを発見し購入するに至った。








実はKRUVEが販売していた

実は先日Kruveのサイトを見ていたら「Brew Stick」という名前でコーヒー器具として販売しているのを発見した。形状は同じ。KRUVEのHPに記載されている材質、長さ、重さもほぼ僕が所有しているものと一致するので全く同じものだろう。ただKruveのロゴが入っているか入っていないかの違いである。

 

Photos by KRUVE

 









ブランドを気にしなければ・・・

特にブランドを気にしないのであればAmazonの方が2本セットで1,200円程度なので断然お得。一本ずつ用途を分けても良いし、必要なければ誰かにあげてもよい。僕は正直2本は必要ないので友人に一本あげようと思っている。

 








 

どんな時に使う?

蒸らしを均一にしたい時

前述の通り蒸らしを均一に行いたい時に使用する。闇雲にかき混ぜるのではなく、ブリュースティックを底まで入れ外側から6方向に切るようスティックを動かす。


これだけで味にまとまりが出る。いつものコーヒーが「酸っぱいな」と感じている人や「渋くて苦いな。舌触りが悪いな」と感じる人にぜひこのやり方を試してもらいたい。


またより均一に蒸らす方法として指で中央に穴を開けるテクニックがある。僕はこのテクニックとスプーンでステアする方法の2つを併用しているのだが本当に驚くほど出来上がりの味が変わるのでぜひやってみてほしい。

 

関連記事

Youtubeの動画、もしくは実際のプロの抽出においてこんな光景、何度か見かけたことがあるのではないでしょうか。挽いたコーヒー粉をドリッパー内に投入し、指かスプーンで真ん中に軽く穴を開けてから、蒸らしに入るという光景を。一見何の意味があるの[…]








 

浅煎りのドリップコーヒーを淹れる時

浅煎りを提供しているサードウェーブ系のコーヒーショップで、バリスタがスプーンを使って蒸らしの際にグリグリとかき混ぜているのを見たことはないだろうか。あれは蒸らしを均一にする効果に加えて抽出効率を上げる目的がある。


深煎りに比べてお湯が粉に浸透しづらく成分が出にくい浅煎りの場合に特に有効な方法である。攪拌をすることで浅煎りの良さを引き出すことができるのだが、やりすぎたり、強く長めに攪拌しすぎるとマウスフィールが悪くなってしまう可能性があるのでやる場合は注意が必要。









エアロプレスの攪拌をする時

エアロプレスの攪拌時にもブリュースティックはとても相性がよいと感じる。エアロプレスに付属しているパドルや、カッピングスプーンでは際の部分にある粉まで触れることができない。


細いブリュースティックであれば際まで届くのでしっかりと均一に攪拌をすることができる。特に細挽きを使用する際は粉同士がくっつきダマになりやすいのでよりブリュースティックのような細いスプーンの方が有効である。









Brew Stickの特徴

材質

材質はSUS304ステンレス鋼。流通量が多く、様々な業界で使われているSUS304はオーステナイト系ステンレスに分類される。


鉄を主成分にしたニッケルとクロムの合金で、耐食性に影響するクロムが18%以上含まれているため サビや腐食に強い。また高温環境での耐熱性にも優れている。









長さ

長さは約22cm。SCAJのカッピングスプーンより約6cmほど長い。購入する前は少し長くて使いづらいかな?と少し不安に思っていた。









だが実際に使ってみるとかなり使いやすい。V60のような縦が長い円錐型やエアロプレスに丁度よい長さである。









重さ

ステンレス鋼なのでプラスチックのように決して軽くはない。ただ自分的には持っているのが手に伝わるくらいの重さの方がコントロールしやすい。また少し重さがある方が高級感を感じられて使っていて心地よいと感じる。









最後に

「マドラースプーン」というカクテルなどのドリンクをかき混ぜる目的で作られた商品も、見方を変えて別の用途で使うことでまた新たな価値が生まれる。


今ではBrew Stickは僕にとって手放せないコーヒーツールの一つになった。もしあなたも「あれ?これもコーヒー器具として使えるのでは?」と思うアイテムがあればぜひ積極的に転用して自分ならではのコーヒーライフを楽しんでほしい。