[簡単綺麗]5分で出来るコマンダンテの手入れ・掃除方法

美味しいコーヒーは毎日の器具のお手入れで決まる。


特にコーヒー豆を挽くコーヒーミルのお手入れは他のどのコーヒー器具よりも大切。今回は微粉の発生が少なく、粒度の均一性の高さが魅力の手挽きコーヒーミル「コマンダンテ C40(Comandante C40)」ユーザーのための記事となっている。


本格的なコーヒーショップで使用され圧倒的な人気を誇る業務用グラインダー「EK43」と比較されるほど高いパフォーマンスを誇るコマンダンテだが、メンテナンスを怠るとその素晴らしい性能を十二分に発揮することができない。


せっかく高額で購入したコマンダンテなのだから、そのポテンシャルを最大限まで引き出し、最高のコーヒーを淹れるためのクリーニング方法を知ろう。





スポンサーリンク

掃除をしないことによる悪影響

掃除は大切

コマンダンテに限らず、ミルのブレード(刃)部分の掃除は特に怠ってはいけない。ブレード部分に付着したコーヒー豆はグラインド時の摩擦熱空気によって酸化が日に日に進んでいく。


掃除しないそのままの状態で次のコーヒー豆を挽くと、ブレード部分に付着した劣化した粉も一緒に混ざって出てきてしまう。そんなコーヒー豆で淹れたコーヒーが美味しくはないのは容易に想像がつくだろう。

 

つまり、いくらフレッシュなコーヒー豆を使用したとしてもそれは100%フレッシュなコーヒー豆を使っているということにはならなくなってしまうのである。常に美味しいコーヒーを淹れたいなら、ブレード(刃)部分の掃除はマストである。


 深煎りのコーヒー豆の場合は更に厄介

深煎りのコーヒー豆は挽くと刃にコーヒーの油分が付着する。そのままにしておくとその油分は次第に酸化し、出来上がりのコーヒーの風味を大きく損なう原因となる。





掃除方法 (毎日:約5分)

道具を用意しよう

化粧筆
綿棒

今回道具はどこでも簡単に安く手に入るものを使用していく。僕は100均で安く手に入る化粧筆を愛用。毛先が柔らく狭い場所にも入るので気に入って使っている。細かい部分の掃除は綿棒が大活躍してくれる。


ブラシにもこだわりたい人はカリタのミル専用ブラシがオススメ。お店で使用しているがこちらもとても良い品。

 

 






調節ネジ付近の掃除

まずは調整ねじ付近の掃除から。調整ねじ付近は一番目に付く箇所なので特に汚れが気になる。この付近は化粧筆で粉を払いながら掃除をしていこう。




 

化粧筆を使ってササっと払えばこの通り。コーヒーの粉もチャフ(薄皮)も同時に一発で取れる。





分解

内部には古い粉が多く溜まっている。見えない分、疎かにしてしまいがちではあるが、ブレード部分の次に掃除が必要な箇所である。


内部の掃除をするにはまず部品を分解する必要があるが、分解といっても工具は必要ない。それではまずは分解して部品をバラバラにしていこう。




 

調整ねじを反時計回りに回し続ける。



 分解時は急がずに

コマンダンテのブレードは鋭いので分解時・手入れ時に刃で手を切らないように慎重に行うこと。十分に時間がある時にゆったりとした気持ちで掃除をすることを強くおすすめする。




回し続けると調整ネジが外れ、上の写真のように4パーツに分解する事ができる。木製のボディ、左から調整ネジ、ワッシャー(輪っか状の部品)、そして刃。





刃の掃除

まずは刃の掃除から。上の写真を見ても分かる通り、刃の溝の部分に多くの粉が付着しているのが分かる。掃除をせずにこのままの状態で放置してしまうと、次にコーヒー豆を挽く時にこの酸化したコーヒー粉が混ざってしまう


化粧筆を使って全て取り除いてしまおう。細かい部分に入り込んでしまって取りきれない粉は綿棒を使うとすぐに取れる。





1分でこのような綺麗な状態になる。とても気持ちが良い瞬間。





刃の表部分も粉が付着している。特に凹んでいる丸い部分は化粧筆では取れないので綿棒を使って掃除していこう。





中央の穴の部分も見えない汚れが付着している。綿棒を差し込んで掃除しよう。





次はボディ側に付いている固定刃。ここも汚れが多く付着している。こちらも化粧筆と綿棒を駆使して取り除こう。





1分ほどであっと言う間に綺麗になる。





内部の掃除

最後に内部の掃除をしていく。化粧筆を奥まで入れて粉を払って掃除をしていく。内部は暗く見えづらいが側面にも細かい微粉が付着しているのでしっかり取り除こう。


カメラレンズ用のブロワーを使って内部をきれいにする方法もある。ちなみにZproのコーヒーミルにはこのブロワーが付属品として付いている。

 


関連記事

業務用最強グラインダーと名高いEK43や手回しミルの名機として知られるザッセンハウスなどを生み出した「職人の国 ドイツ」が生んだ「Comandante C40 (コマンダンテ C40)」。バリスタの世界チャンピオンを輩出した事を皮切りに近年[…]






組み立て時の注意点

掃除が終了したら、再度部品を組み立てていく。組み立ては分解した逆の通りの作業をすれば良いが、一点だけコマンダンテユーザーが迷ってしまう点がある。それがワッシャーの向きだ。写真の向きのままセットするのが正解。





掃除方法 (月一回:約5分)

分解せずに全てを完全除去するグラインズ


デイリーバージョンの掃除方法は臭い、そして油分(深煎りを挽いている場合)を取り除くことはできない。そのため月に一回、もしくは2〜3週間に一回は特別なやり方が必要になる。特別なやり方と言っても洗浄剤を使用した非常に簡単な方法だ。

 

それでは世界中のバリスタから支持されている世界的なブランドUrnex社(アーネックス社)が販売しているグラインズというグラインダー洗浄タブレットを使用した掃除方法をご紹介する。

 

 グラインズの特徴

電動・手挽き問わず、業務用から家庭用まで幅広く使用できる。原料はオーガニックの大豆やトウモロコシなのでもし万が一体内に入っても安心。臭いもほぼ無臭。

 グラインズの効果

分解をしなくても、グラインズをコマンダンテで挽くだけで刃と刃にこびり付いた古いコーヒー粉やコーヒーの油(コーヒーオイル)、強い臭いの全てを取り除くことができる。

 

 




グラインダー洗浄タブレットを入れて挽く

約30g(キャップ一杯分)のグラインズを入れ、コーヒー豆を挽くのと同じ要領で挽いていく。たったこれだけで刃と刃にこびり付いた古いコーヒー粉やコーヒーの油(コーヒーオイル)、強い臭いを除去してくれる。





コーヒー豆でリンス

グラインズ使用後はコマンダンテ内部と刃にグラインズの粉が付着している状態。コマンダンテの中を覗けば真っ白。この内部のグラインズを排出したいので、不要なコーヒー豆を挽いてリンス(除去)をしよう。


挽いたコーヒー豆にグラインズの白い粉が混ざらなくなったら全て内部のグラインズを除去できたサイン。



 

ボディのメンテナンス方法

木製ボディのメンテナンスには「蜜蝋ワックス」がとても良く、気に入って使っている。「蜜蝋ワックス」はミツバチの巣から採取される蜜蝋(みつろう)を原料として作られている。


このワックスを木製のボディに塗ることにより、木に皮膜ができ艶が出る以外にも、防水効果汚れがつきにくくなるという効果がある。


僕は尾山製材のみつろうクリームをずっと愛用している。もちろんコマンダンテ以外にも木製の素材でできた家具や小物にも使えるのでかなりオススメ。

 

 

最後に

綺麗に掃除をしたグラインダーを使って作るコーヒーはやっぱり美味しい


様々な器具を駆使したりレシピを再考したりする事は美味しいコーヒーを飲むための必須条件である。しかし、美味しいコーヒーを作るコツというのは案外身近なところにある。


毎日の簡単でシンプルな掃除をするだけで、いつもの何倍も美味しいコーヒーを作れるのならやらない手はないだろう。簡単なのでぜひ今日から始めてみてはいかがだろうか。

 

関連記事

「コーヒーミルの使い方はこれで本当に合っているかな?」「今使っているコーヒーミルでもっと美味しいコーヒーを淹れられないかな?」   そんな風にコーヒーミルの使い方に不安を抱えている人が多くいることを最近知った。美味しいコーヒーを自宅で楽しむ[…]

関連記事

先日の出来事。店舗で飲んで「美味しい!」と思ったコーヒーと同じコーヒー豆を購入し、家で淹れてみたが味が全く違うという経験をした。お店の人のアドバイス通り、同じ抽出方法、同じレシピで淹れても味が全く違う。そこで、抽出テクニックに問題があったの[…]

関連記事

手挽きコーヒーミルは国内・国外にて様々なモデルが開発・販売されている。   ■ ポーレックス(Porlex)■ Zpro(ジープロ)■ Timemore(タイムモア)■ Kinu(キヌ) M47など高品質なモデルが各社で続々と発表されている[…]

 

スポンサーリンク