もしコーヒーが苦いと感じたら?原因と3つの解決方法を伝授

自分で淹れたコーヒーが「なんか苦い・・。」と感じる事は結構多いのではないかと思う。口に残る渋みを伴った不快な苦味。

 

「この苦味を何とか出さずに美味しいコーヒーを淹れたい!」というのは多くのコーヒーラバーの願い。

 

僕もコーヒーを始めたばかりの頃は苦くなる原因もその解決方法も全く分からなかったのでその気持ちは理解できるところ。今回はそんなあなたの悩みを確実に解決できる方法を紹介したい。

 

ちなみにドリップ・フレンチプレス ・エスプレッソなどどの抽出器具にも当てはまる方法なのでコーヒー抽出で悩んでいる友人や家族にもぜひシェアしてほしい。

 

 この記事がオススメな人

■ 苦いコーヒーが嫌いな人
■ 浅煎り・中浅煎り・中煎りのコーヒーを美味しく淹れたい人
■ コーヒー初心者




 

苦味の種類って実は一つじゃない?

コーヒーの苦味の種類は実は1つではなく、大きく分けて3種類ある。それぞれ苦味の質が違うものであることを先に理解しておこう。




豆の素材そのものが持つ苦味  GOOD カカオのような良質な苦味
深い焙煎による苦味  GOOD 好みが分かれるが良い苦味
過抽出による苦味  BAD 舌に残る誰もが不快に感じる苦味




コーヒーの苦味は大きく分けて上記の3種類。

 

①はブラジルのコーヒーなどが持つテロワールからくる苦味。カカオやチョコレートを食べた時のような良質なビター感なのでむしろじっくりと味わうとよい。


②はコーヒーの生豆が持っている苦味成分が焙煎をする事で増幅する苦味。好みは分かれてくるが不快ではない。ただし余りにも極端に深い焙煎度合いになると炭化した時と同じ不快な苦味となるのでその場合は例外。


そして最後③は過抽出による苦味。コーヒーの抽出時において適正に抽出できなかった際に出てくる苦味。これは淹れ手であるあなたがコントロールする事ができる苦味である。


今回はこの③の苦味をなるべく出さないようにするやり方を解説したい。さあそれではみていこう。

 

 

過抽出って何?

過抽出とはコーヒーの成分を出し過ぎてしまった状態。過抽出については別記事『【未抽出・過抽出とは?】これを知ればもっとコーヒーはおいしく淹れられる!』で丁寧に詳しく解説しているのでそちらもぜひ読んでほしい。











苦味を抑える3つの解決策

1. 湯温を下げる

もしいつも淹れるコーヒーが苦いと感じていたらいつもより湯温を下げて抽出してあげると苦味が抑えられたコーヒーになる。


すごく苦いならいつもより5℃ほど、少しだけ苦いなら2〜3℃を目安に下げるとよい。ただ湯温は下げすぎると苦味や渋みは出ない代わりに良質な酸味や甘味も出ずらくなってしまい、ただただ味気ないコーヒーになってしまうので注意が必要。


ただ「温度をいちいち温度計でピンポイントで測るのは面倒。」だと思う。現在様々なメーカーが温度調節機能付きの電気ケトルを販売しているのでそちらを使えばワンタッチで狙った温度で抽出可能。僕はBrewistaの電気ケトルを愛用しているがこれを購入してからドリップの作業がかなりスムーズに行えるようになった。


関連記事

世界中のトップバリスタの多くが使用している事で注目を浴び、今や電気ケトルNo1の呼び声が高いBrewistaのケトル。   湯温を測るのに温度計を使うのがいつも煩わしく感じていたのと、Brewista製品がずっと欲しかったので購入してみた。[…]

 












2. 挽き目を荒くする

コーヒーの挽き目(メッシュ)は細かくすればするほど苦味の成分が出やすくなる。ドリップコーヒーでもエスプレッソでも、今のやり方で苦味が出てしまうなら、淹れ方はそのままのやり方で変えずに、挽き目だけを変えてみよう


かなり苦いコーヒーになってしまうなら、グラインダーやコーヒーミルの挽き目のダイヤル設定を多めに動かしてうんと荒くしてしまおう。少しだけ苦味を抑えたいだけなら1〜2目盛りくらい荒くする。これだけで苦味が減って劇的に美味しくなるはず。










3. 抽出時間を短くする

抽出時間は長くなれば長くなるほど苦味や渋み成分が多いコーヒーになる。お湯を入れてそのままにして忘れてしまったお茶を飲んだ経験はないだろうか?渋みとエグ味が出てしまってとても飲めたものではない。

 

コーヒーもそれと同じ現象が起きる。ただコーヒーの場合は渋みに加え、苦味も出てしまうので手が付けられない。

 

ただ解決方法は簡単。いつもより時間を短くしてあげるだけで良い。いつもとやり方は変えずにただ抽出時間を少しだけ短くしてあげるだけ。15秒〜30秒ほど短くして、もしまだ苦ければもう少し短くしよう。


抽出中にタイマーやスマホのストップウォッチ機能を使って時間を計測するのももちろんOK。もしスマートにドリップを行いたいのであれば、タイマーとスケールが一緒になったドリップスケールを使うのもあり。どの時間でどのくらいお湯を注いでいるかがリアルタイムで分かる。


関連記事

僕がコーヒーを本格的に始めようと思った当時、まず一番最初に購入したのがHARIO(ハリオ)のV60 ドリップスケール。   そもそもコーヒーを淹れるのに計りが必要だなんて事さえ知らなかったのだけれど、働き始めたコーヒーショップでスケールを使[…]

 












応用編:プロが使う高等テクニック

以上3つのうちどれか1つを行えば基本的には苦味を抑えられる。もっとさらにクリアーで苦味を抑えたすっきりと飲みやすいコーヒーに仕上げるならKruve Shifterやサザコーヒーが販売しているパウダーコントロールストッカーがおすすめ。

 

近年ではバリスタ競技会で使う人も多く、粉をふるいにかける事で粒度を均一にする事ができ、また苦味や渋みの原因となる微粉を除去する事ができる。
















大切なポイント

最後に大切なポイント。今回の苦味を抑える方法を3つの紹介したが、気をつけなければいけないポイントがある。それは3つの方法を同時に全てやらないこと。全てを同時にやってしまうとただただ味気ないコーヒーになってしまう可能性がある。

 

どれか一つ選んで試せば必ずいつもより苦味が抑えられたコーヒーが出来上がるはず。誰でも簡単にできる方法なのでいつものコーヒーをもっと美味しくしたい方はぜひ試してほしい。