もしコーヒーが苦いと感じたら?原因と3つの解決方法を伝授

  • 2020年6月1日
  • 2020年6月11日
  • 知識

自分で淹れたコーヒーが「なんか苦い・・。」と感じる事って結構多いんじゃないかと思う。口に残る渋みを伴った不快な苦味。「この苦味を何とか出さずに美味しいコーヒーを淹れたい!」というのは多くのコーヒーラバーの願い。


僕もコーヒーを始めたばかりの頃は苦くなる原因もその解決方法も全く分からなかったのでその気持ちは理解できるところ。今回はそんなあなたの悩みを確実に解決できる方法をご紹介したい。ちなみにドリップ・フレンチプレス ・エスプレッソなどどの抽出器具にも当てはまる方法なのでコーヒー抽出で悩んでいる友人や家族にもぜひシェアしてほしい。

 

 この記事がオススメな人

■ 苦いコーヒーが嫌いな人
■ 浅煎り・中浅煎り・中煎りのコーヒーを美味しく淹れたい人
■ コーヒー初心者


スポンサーリンク

苦味の種類って実は一つじゃない?

コーヒーの苦味の種類は実は1つではなく、大きく分けて3種類ある。それぞれ苦味の質が違うものであることを先に理解しておこう。

 

豆の素材そのものが持つ苦味  GOOD カカオのような良質な苦味
深い焙煎による苦味  GOOD 好みが分かれるが良い苦味
過抽出による苦味  BAD 舌に残る誰もが不快に感じる苦味

 

コーヒーの苦味は大きく分けて上記の3種類。①と②は既に焙煎豆が持っている苦味なのでコーヒーを抽出する過程で何をどうしても必ず出てしまう苦味。ただし不快な苦味ではない。特に①の苦味はスペシャルティコーヒーが持つテロワールから来るカカオやチョコレートのような良質な苦味なのでむしろ味わいたくなる苦味。

そして最後③はコーヒーの抽出時において適正に抽出できなかった際に出てくる苦味であり、抽出でコントロールできる苦味。今回はこの③の苦味をなるべく出さないようにするやり方を解説したい。さあそれではみていこう。

 

過抽出って何?

過抽出とはコーヒーの成分を出し過ぎてしまった状態。過抽出については別記事『【未抽出・過抽出とは?】これを知ればもっとコーヒーはおいしく淹れられる!』で丁寧に詳しく解説しているのでそちらもぜひ読んでほしい。

 

苦味を抑える3つの解決策

1. 湯温を下げる

もしいつも淹れるコーヒーが苦いと感じていたらいつもより湯温を下げて抽出してあげると苦味が抑えられたコーヒーになる。すごく苦いならいつもより5℃ほど、少しだけ苦いなら2〜3℃を目安に下げるとよい。ただ湯温は下げすぎると苦味や渋みは出ない代わりに良質な酸味や甘味も出ずらくなってしまい、ただただ味気ないコーヒーになってしまうので注意が必要。

確かに沸騰したお湯で淹れるコーヒーってなんか強い苦味を感じる。。

 

2. 挽き目を荒くする

コーヒーの挽き目(メッシュ)は細かくすればするほど苦味の成分が出やすくなる。ドリップコーヒーでもエスプレッソでも、今淹れている淹れ方で苦味が出てしまうなら、淹れ方はそのままのやり方で変えずに、挽き目だけを変えてみよう


いつもすごく苦いコーヒーになってしまうならグラインダーやコーヒーミルの挽き目のダイヤル設定を多めに動かしてうんと荒くしてしまおう。少しだけ苦味を抑えたいだけなら1〜2目盛りくらい荒くする。これだけで苦味が減って劇的に美味しくなるはず。


 

3. 抽出時間を短くする

抽出時間は長くなれば長くなるほど苦味や渋み成分が多いコーヒーになる。お湯を入れてそのままにして忘れてしまったお茶を飲んだ経験があるのだけど、渋みとエグ味が出てしまってとても飲めたものではなかった。コーヒーもそれと同じ現象が起きる。ただコーヒーの場合は渋みに加え、苦味も出てしまうので手が付けられない。


ただ解決方法は簡単。いつもより時間を短くしてあげるだけで良い。いつもとやり方は変えずにただ抽出時間を少しだけ短くしてあげるだけ。15秒〜30秒ほど短くして、もしまだ苦ければもう少し短くしよう。



大切なポイント

最後に大切なポイント。今回の苦味を抑える方法を3つの紹介したが、気をつけなければいけないポイントがある。それは3つの方法を同時に全てやらないこと。やりやすいものを一つ選んで試してもらえれば必ずいつもより苦味が抑えられたコーヒーが出来上がるはず。誰でも簡単にできる方法なのでいつものコーヒーをもっと美味しくしたい方はぜひ試してほしい。



スポンサーリンク
>「コーヒーで幸せに」

「コーヒーで幸せに」

「コーヒーで幸せに」をコンセプトにコーヒーの楽しさや多様性などをより多くの日本人の方々に発信していきたいという想いでこちらのメディアを開設しました。

突然ですが皆様はこの事をご存知でしょうか?

“美味しいコーヒーが日常的に飲まれている都市は、幸福度が高い”

と言われています。

私自身の経験からも、コーヒーのあるライフスタイルは毎日の生活に少しの潤いを与えてくれるものだと感じています。

「コーヒーを通して、今よりほんの少しでも皆様に幸せになってもらえたら。」

コーヒーを淹れる方、コーヒーを飲む方にとって少しでもお役に立てるような情報を発信できるよう誠意を持って運営させて頂きたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。