アバカコーヒーフィルターを二枚重ねてコーヒー淹れてみたらどうなる?

通液性の高さが特徴のアバカコーヒーフィルターが最近のお気に入り。湯の抜けが良くクリアーな味わいになりやすいアバカフィルターを日々使っていてある好奇心が芽生えた。「これだけ通液性が高いアバカコーヒーフィルターを二枚重ねにしたらどのような味のコーヒーが出来上がるのだろうか?」。予想としては、


2枚重ねても1枚の時とお湯の透過スピードは変わらないが、雑味をいつもの2倍吸着するのでスーパークリーンな美味しいコーヒーに仕上がる
 

実際のところはどうだろうか。それではアバカフィルターを2枚重ねにしてドリップコーヒーを淹れて検証してみよう。

 

関連記事
<【純正を超える!?】アバカフィルターがプロから熱視線を受けるわけ>

スポンサーリンク

検証

淹れ方は普段淹れているレシピで

レシピは私がいつもこのコーヒーを淹れる時に使うレシピで。

・コーヒー豆(エチオピア ナチュラル 中浅煎り 中細挽き) 15g
・湯量 225ml (93℃)
・抽出時間 約2分30秒

 

いつもと比べてどんな味になるか楽しみだね♪

 

フィルターを二枚重ねて抽出してみよう

抽出していて驚いたのは予想以上にムーズに液体がフィルターを通過していく事通液性がいくら高いと言えども2枚の紙を重ねているので少しは遅くなるかと思ったが1枚の時とさほど変わらないスピードで投下していく。これにはびっくり。

 

2枚フィルターを重ねても1枚の時と変わらないスピードでお湯が抜けていくのは、アバカフィルターの特徴である通液性の高さから来るものだと思ったが、どうやらそうではないようだ。他メーカーのフィルター2枚でもそこまで詰まらずに液体がフィルターを通過していくので、フィルターを2枚重ねたくらいでは透過スピードへの影響は特にないと言える。

 

抽出時間は2分28秒。ペーパーフィルター 1枚で淹れた時とほぼ同じタイム。抽出されたコーヒーの液体の色はいつもに比べて透明度が高い。いつもは果実感のあるフルーティなエチオピア ナチュラルのコーヒー。さて、味の方はどうだろうか。

ダブルフィルターで抽出すれば雑味を全て除去し、クリアーで飲みやすいコーヒーになることをイメージしていたが、実際に飲んでみると良く言えばあっさり、悪く言えば薄い、そしてアフターテイスト(余韻)の伸びが無いそして何より複雑さに欠ける。複雑な味わいは美味しいコーヒーの一つの大事な要素。2枚重ねのフィルターが雑味のみならず良い成分もろとも吸着しすぎてしまったようだ。


「2枚重ねのフィルターは成分を取りすぎてオススメできない」、というのも何だか悔しい。「フィルター2枚重ね」の成分除去のパワーを享受しながらもなんとか美味しくコーヒーを淹れたい。そこで解決策を考えた。

 

細挽きで再挑戦

細挽きにして収率を上げ、しっかりとコーヒーの良い成分を引き出しながらも、2枚のフィルターの力によって渋みや雑味などの悪い成分はしっかりと除去し、フルーティでクリーンなコーヒーになると考えた。さてどうだろう。

 

液色は先ほどの中細挽きに比べると濃くなったが、味わいの部分で見ると少しは濃くはなったが、余韻が短く、コンプレックスさ(味の複雑さ)に欠ける印象のコーヒーが出来上がった。2枚のフィルターがコーヒーの良さもしっかりと吸着してしまっている。全く美味しくはならなかった。

 

最後に

美味しいコーヒーを淹れるという目的であるならば使うペーパーフィルターは1枚がベスト。今回は、好奇心で2枚のペーパーフィルターを使って淹れてみるという検証をしたが美味しくはならないし、経済的にも良くない。もしあっさりしたコーヒーを飲みたいならば、いつもよりコーヒー豆を荒く挽いてみたり、お湯の量をいつもより多めにしてみたり、出来上がりのコーヒーに少しだけ加水をしたりなどして対応すれば良いだろう。

もちろん、アバカフィルター1枚で淹れるコーヒーは抜群に美味しい。しっかりと良いコーヒーの成分は通過させながらも、雑味をしっかり吸着してくれる。V60純正ペーパーフィルターを超えるという評価も頷ける。2枚重ねではなくぜひ従来の使い方で試してもらえればと思う。

 

関連記事

競技会のチャンピオンクラスのトップバリスタがこぞって使用する「アバカコーヒーフィルター (Abaca Coffee Filter)」だが、その機能性の高さからコーヒーラバーの間でも注目を浴び始めている。 HARIOが製造販売しているV60用[…]

スポンサーリンク