【抽出温度が変われば味も変わる】お湯の温度とコーヒーの味の関係

コーヒーは細かく挽いたコーヒー粉とお湯を合わせて抽出する飲み物である事は周知の事実。その抽出に使うお湯の温度が出来上がりのコーヒーの味に大きな影響を与える事は以外にも知られていない。コーヒーとお湯の温度は切っても切り話せない関係にあるのだ。

では湯の温度が違うことでコーヒーの味がどのように変わるのか実際に抽出して検証結果をシェアしたいと思う。

使用する抽出器具

今回検証に使用した器具は、以下の二つ。どちらの器具も検証にとても向いている。

・Brewsita アルティザン グースネックケトル
・クレバーコーヒードリッパー 

温度が1℃単位でコントロールできるケトル

お湯の温度と味の関係を知るには正確な温度で検証することが必要になる。1℃単位で湯温の設定ができる温度調整ケトルがとても便利。湯温と味の関係性が理解できれば今後温調ケトルの必要性を否が応でも感じるはず。以前記事で紹介したコーヒー抽出に特化したBrewistaの温度調節ケトルがオススメ。

<関連記事>
[レビュー]トップバリスタが愛するケトル。Brewista電気ドリップケトルの魅力を全て公開

抽出のブレが少ないクレバーコーヒードリッパー

今回は温度だけ変えて検証を行いたい。そのためドリップ抽出などの人の手によるブレがある方法は向いていない。そこで今回は抽出のブレが少ない浸漬式ドリッパー「クレバーコーヒードリッパー 」を使用する。クレバーほど検証に向いている器具は他にはないだろう。

<関連記事>
面倒臭がり屋が一度手にしたら手放せなくなるコーヒー器具『クレバーコーヒードリッパー』

温度違いで検証しよう

80℃で抽出

・このコーヒーの持つ成分が出切っていない印象。
・液体の濃度としては薄い。
・ボディ(液体の重さ)は軽い。水っぽい。
・酸味を強く感じる。


85℃で抽出

・少し甘さを感じ、酸味が少し和らいだ印象だがまだまだ酸味傾向。
・少し濃度が高くなった。
・ボディはまだ弱い。


90℃で抽出

・ボディがあり液体の質感も良い。
・甘さが出てきた。
・80℃、85℃に比べ酸味・甘み・苦味のバランスが良くなってきた印象。


95℃で抽出

・最初一口飲んだ時、酸味・甘味・苦味のバランスが良いと感じたが、後味に少し渋みを感じる。
・口に含んだ時の液体の質感が90℃の時と比べて下がった。渋みが原因。
・やや過抽出気味。 


100℃で抽出

・完全なる過抽出状態
・悪い成分も沢山出てしまっている。
・飲んだ瞬間から舌が収縮するほどの渋みを感じる。
・後味は苦味のみが口の中に残る。


考察

上記の検証を受け、コーヒーの味の出方には法則性があると分かる。

酸味→甘味→苦味・渋み

低い温度で抽出すると酸味が強いコーヒーになり、逆に温度が高いと苦味や渋みを強く感じるコーヒーになる。コーヒーの焙煎度に合った適切な温度で抽出されれば適度な酸を持ち、甘く、苦味もわずかなとてもバランスが良いコーヒーが出来上がる。

今回使用したコーヒー豆は中浅煎り。浅煎り寄りのコーヒーは90℃以上の高い温度が適していると言われているが、検証結果の通り、90℃〜95℃くらいがベストな温度帯であった。

最後に

抽出する際に使用するお湯の温度が味に与える影響はとても大きい。それは裏を返せば湯温を少し変えることで劇的に美味しくなったりするということである。粒度を変えたり、抽出方法を変えたりするのは意外にもベストに辿り着くまで時間がかかる。まずはいつもやり方で湯温だけを変えて美味しいコーヒーを目指してみることをオススメしたい。

>「コーヒーで幸せに」

「コーヒーで幸せに」

「コーヒーで幸せに」をコンセプトにコーヒーの楽しさや多様性などをより多くの日本人の方々に発信していきたいという想いでこちらのメディアを開設しました。

突然ですが皆様はこの事をご存知でしょうか?

“美味しいコーヒーが日常的に飲まれている都市は、幸福度が高い”

と言われています。

私自身の経験からも、コーヒーのあるライフスタイルは毎日の生活に少しの潤いを与えてくれるものだと感じています。

「コーヒーを通して、今よりほんの少しでも皆様に幸せになってもらえたら。」

コーヒーを淹れる方、コーヒーを飲む方にとって少しでもお役に立てるような情報を発信できるよう誠意を持って運営させて頂きたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。