【ハマる人続出!?】プロのバリスタが作るエスプレッソジンジャーエールのレシピを大公開

スッキリとした浅煎りのエスプレッソにほんのり苦みにあるトニックウォーターを合わせた「エスプレッソトニック」はコーヒーショップでも人気があるドリンクで聞いたことや実際に飲んだことがある人も多いだろう。

そんなエスプレッソを使ったコーヒードリンクの中でも現在最もお気に入りなのが「エスプレッソジンジャーエール」。あまりまだ馴染みがないドリンクだが、コアなコーヒー好きの間ではじんわりと人気上昇中。

シンプルにエスプレッソとジンジャーエールを組み合わせれば簡単にできてしまうが、今回は私なりにほんの少しだけ工夫して、さらに美味しく仕上げてみた。

 

エスプレッソジンジャーエールを作ってみよう

必要な材料

・エスプレッソ シングルショット (20ml〜25ml)
・ジンジャーエール  100ml
・りんごジュース  20ml
・ライム 適量(ひと絞り程度)
・氷  適量
 

まずはエスプレッソ抽出

エスプレッソは先に抽出しておこう先に抽出しておけばエスプレッソジンジャーエールを実際に作る工程に入る時にはエスプレッソの温度が下がってくれている。温度が熱い抽出したてのエスプレッソを使うと氷が溶けやすくドリンクが薄まってしまうので、まず一番はじめに抽出することをオススメする。

 

美しいクレマ。

エスプレッソはお気に入りのFlair Espresso Pro2 (2020年日本上陸予定)で抽出。Flair Espresso Pro2(フレアエスプレッソ)はアメリカ生まれのレバー式エスプレッソメーカー。アメリカからメーカー直輸入で購入して以来、ほぼ毎日抽出しているので、準備・抽出・片付けまでが本当にスムーズになった気がする。


長めの記事になるがどこよりも詳しくレビューしているので気になった方はぜひ「【Flair Espresso Pro2】を使ってみたがすごい!プロのバリスタが本気でレビューしてみた」を覗いてみてほしい。自宅でもハイクオリティなエスプレッソを抽出できるハイコストパフォーマンスな器具である事は間違いない。

 

ジンジャーエールを注ぐ

ジンジャーエール100ml

さて、次は第二の主役ジンジャーエール。冷凍庫でキンキンに冷やしたグラスに氷を敷き詰め、ゆっくりとジンジャーエールを注ぐ。ポイントは氷に当てないようにグラスの外側に沿わせて注ぐこと。そうすることで炭酸の抜けを最小限まで抑えることができる。

 

隠し味を入れる

ここで少しひと工夫。リンゴジュースをほんの少し(20ml)隠し味程度入れる。これがいぶし銀の活躍してくれるのだ。リンゴジュースのフルーティさがエスプレッソとジンジャーエールを繋ぎ合わせてくれ、味がグッとまとまる。

 

ライムをひと絞り

フレッシュなライムジュースをギュギュっとひと絞り。ライムを購入する時は握ったときに少しやわらかいものを選ぼう。適度に熟していて甘みがある。またレモンではなくライムを使う理由は、レモンよりも穏やかで甘みを伴った酸を持つライムの方がエスプレッソにもジンジャエールにも好相性であるため。絞ったときにふわっと香るライムの香りは本当に素晴らしい。

 

エスプレッソ以外の材料全て入れたら氷を持ち上げるように優しくスプーンで混ぜる。炭酸が抜けないようにゆっくり優しく。もうすでにこれだけでもかなり美味しそうだ。

 

エスプレッソを優しく注ぐ

エスプレッソ シングルショット(20〜30ml)

抽出したエスプレッソに使ったコーヒーは「グアテマラのフリーウォッシュトプロセスの浅煎り」。このまま飲んでも柑橘系のスッキリした酸が美味。このエスプレッソ シングルショット(20〜30ml)を上から優しく落としていく。綺麗に二層にするために口がついた容器に移し替え、氷に掛けるように注いでいくのがポイント

 

完成!

ライムの輪切りでおしゃれに

最後にライムの輪切りをグラスの縁に掛けて完成。見た目にも美しいエスプレッソジンジャーエール。飲む時はマドラーかストローでエスプレッソとジンジャーエールをしっかりミックスしよう。ジンジャエールの甘くスパイシーな味わいと浅煎りエスプレッソの持つ酸味とほろ苦さのハーモニーにハマる可能性大。

 

ライムの輪切りはドリンクの中に入れて沈ませてマドラーでザクザク潰しながら飲むのもオススメ。潰れた果肉が溶け込んでいい感じに。

 

最後に

コーヒーはそのまま飲むのももちろん美味しいが、様々な食材との組み合わせでさらにコーヒーの魅力は広がる。今回紹介したエスプレッソジンジャーエールもそのうちの一つ。自宅にあるエスプレッソマシン、もしくはエスプレッソメーカーを使い極上のエスプレッソを抽出し、お店にも負けないハイクオリティなエスプレッソジンジャーエールを作ろう。自分だけの「おうちカフェ」を存分に楽しんで頂きたい。

 

>「コーヒーで幸せに」

「コーヒーで幸せに」

「コーヒーで幸せに」をコンセプトにコーヒーの楽しさや多様性などをより多くの日本人の方々に発信していきたいという想いでこちらのメディアを開設しました。

突然ですが皆様はこの事をご存知でしょうか?

“美味しいコーヒーが日常的に飲まれている都市は、幸福度が高い”

と言われています。

私自身の経験からも、コーヒーのあるライフスタイルは毎日の生活に少しの潤いを与えてくれるものだと感じています。

「コーヒーを通して、今よりほんの少しでも皆様に幸せになってもらえたら。」

コーヒーを淹れる方、コーヒーを飲む方にとって少しでもお役に立てるような情報を発信できるよう誠意を持って運営させて頂きたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。