最高の組み合わせ!コーヒーのトニックウォーター割りのレシピを公開

コールドブリュー(水出しコーヒー)やエスプレッソをトニックウォーターで割る、いわゆる「コールドブリュートニック」や「エスプレッソトニック」がコーヒーアレンジドリンクの定番になりつつある。


コーヒーの持つフレーバーとトニックウォーターの持つ心地よいキナの苦味と弾ける炭酸。大人のコーヒーラバーから絶大な支持を受けているドリンクだ。


美味しいコーヒーがあれば自宅でも簡単に作ることができるので、今回この記事でシェアしていきたい。





コールドブリューを抽出

今回はエアロプレスでコールドブリューを抽出する。

 

エアロプレスをインバート(逆さ)にし、細挽きに挽いたコーヒー豆15gに対して120gの水を加える。1分間スプーンで攪拌後、プランジャーをゆっくり押し抽出。約95gくらいのコーヒーが出来る。詳しい抽出方法は以下の関連記事を参照。

 

関連記事

夏はもちろん、どの季節でも飲みたくなるコールドブリューコーヒー(水出しコーヒー)。ホットコーヒーに氷を入れて急冷するアイスコーヒーと比べて、渋さや苦さが抑えられたまろやかな味わいがコールドブリューの特徴。 ただ完成までに6〜24時間と長い時[…]

 

本格的な滴下式で作ると味わいもさらに美味しくなる。

関連記事

夏の季節、コーヒーショップに行くと「コールドブリュー」という文字を頻繁に目にするようになる。あの文字を見るたびに「ああ今年も夏が来たなぁ」なんて思ってしまう。コールドブリューとはいわゆる水出しコーヒーのこと。僕は普通のアイスコーヒーより水出[…]



 








シロップを少量加える

シロップを5〜10ml加えて軽くステア。甘さはお好みで調節。シロップ無しにすると辛口ドライなコールドブリュートニックに。その時の気分に合わせて♪

 











トニックウォーターを注ぐ

氷を入れたら、優しくトニックウォーターを注いでいく。炭酸が抜けやすくなるのでなるべく氷には当てないようにゆっくりと。ステアも最小限に。肝心のトニックウォーターの量はコールドブリューと同量がベスト。


写真ではシュウェップスのトニックウォーターを使用しているが、クオリティの高さで言えばフィーバーツリーのトニックウォーターがおすすめ。これを使えばお店のものとは一味も二味も違うコールドブリュートニックに仕上がる。

 











完成

お好みでライムやオレンジなどのフルーツを添えて完成。浅煎りや中浅煎りくらいのコーヒーを使うととても美味しく仕上がる。

普通のアイスコーヒーやコールドブリューに飽きてきたら、こんな感じでノンアルコールコーヒーカクテルを作って見るのも良いかもしれない。スッキリ最高で簡単なコールドブリュートニックをぜひお試しあれ。

コールドブリュートニックの最新記事8件